原発事故考えるビテオ上映会

■平成23年4月17日(日) 第15993号

=27日、大津市の明日都大津=

◇大津
 原発を知る滋賀連絡会、ふぇみん婦人民主クラブ滋賀支部、あすのわ滋賀の共催による「原発事故を考えるビデオの上映会」が二十七日、大津市の明日都大津で開催される。
 やっぱり起きてしまった原発の大事故、数万ベクレルに達する放射能、海へ空へと広がり、水も野菜も汚染された。「直ちに人体に影響があるとは考えられない」との繰り返される報道は、本当なのか。
 今回のビデオは、原発事故が起きた「三月十一日」から七日後に行われた京大原子炉実験所のゼミの全記録である。小出裕章氏の発言が収録されている。御用学者ではない研究者たちの生の声が聞ける。
 ビデオ上映は、ゼミ収録ビデオに加えて、「サクリファイス=チェルノブイリ事故のその後」も上映される。参加費は三百円(資料代)、問い合わせは、原発を知る滋賀連絡会(TEL077―529―2944)まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース