趣味を生かしてジャズ喫茶開店

■平成26年8月19日(火) 第16966号

=近江八幡市の川岸さん=

開店したジャズ&ギャラリーカフェ「YUGEYA」

◇近江八幡
 近江八幡市堀上町の住宅街に「ジャズ&ギャラリーカフェ」がオープンした。県内にジャズのライブハウスはあるが、喫茶店は、あまり聞かない。

LP CD 2千3百枚コレクション

 熱心なジャズファンの川岸春喜さん(59)が、勤務していた会社を早期退職し、自宅横に自分でデザインを考えた南ヨーロッパ風の店舗(建て面積約五〇平方メートル、十三席)を建築。店舗前の緑地にはソテツやシュロの立ち木を植栽し、一九七〇年代、京都にあったジャズ喫茶をイメージした。店舗名は代々続く屋号「弓削屋(YUGEYA)」をローマ字表記し、看板も自分で手作りした。
 壁面がギャラリーになっている通路から入る店内には、ピアノやドラムなどが置かれ、ジャズライブも楽しめる。


落ち着いた雰囲気でジャズが楽しめる店内

 天然材を再利用したカウンター奥の棚には、コレクションのLPレコード約三百枚、CD約二千枚を、いつでもリクエストに応えられるように並べている。壁面には一九五〇〜六〇年代のLPレコードのジャケットが、木の額縁に入れて飾られ、床や天井は板張りで落ち着きのある雰囲気を醸し出している。五十歳以上のジャズファンが訪れてもらえるように店構えを考えたという。また、自作の真空管アンプも置いて、懐かしいアナログの音色が楽しめるようにもした。
 ジャズライブを催したり、通路のギャラリーを写真などの作品展示に無料貸し出しする。営業時間は午後一時から午後八時まで。月・火曜日休み。
 川岸さんは「モダンジャズが中心だが、有名な曲はほとんどあります。コーヒーや紅茶を飲みながら、木の香りに包まれて往年のジャズをゆったりと楽しんでいただけたらうれしい。お客さんのリクエストにも応じます」と話している。詳しくはホームページ(www.yugeya-jazz.com)。問い合わせは、開店時間内にTEL0748―33―6941へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース