成人病センターが県民講座「療養中の工夫」

■平成28年1月1日(金) 第17385号

=16日、研究所=

 県立成人病センター(守山市)は十六日午後一時半から四時半まで、県民公開講座「心地よく過ごそう!がん療養中の生活の工夫」を同センター研究所講堂で開催する。
 内容的には、「がん治療に伴う口腔トラブルの苦痛を緩和する〜口腔ケア―の視点から〜」(同センター歯科口腔外科歯科衛生士の平松亜衣氏)▽「がん治療に伴う栄養低下を軽減する」(栄養指導部管理栄養士の山元喜代子氏)▽「がん薬物療法への主体的参加をさせる〜服薬支援の視点から〜」(薬剤部薬剤師の中村洋介氏)▽「がん治療に伴う皮膚障害を軽減する〜皮膚ケアの視点から〜」(皮膚・排泄ケア認定看護師の原田美紀氏)▽「がん治療に伴う見た目の変化を軽減する」(がん化学療法看護認定看護師の高野智代美氏)▽「やりたいことを続けよう。ちょっとの工夫で生き生きと!〜リハビリスタッフから伝えたいこと」(リハビリテーション課理学療養士の高田沙織氏)―の六つの講演が予定されている。
 またパネルディスカッション(座長=緩和ケアセンター副センター長の吉田智美氏)も催す。
 定員は百五十人。申し込み不要、無料。詳しくは、TEL077―582―5031へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース