「赤い糸プロジェクト」に 共に考え、共に創る わがまち協働大賞

■平成28年12月9日(金) 第17675号

=応募15団体から9事業が入賞 コーディネート賞 森田さんと菊川さん=

大賞とコーディネート賞で表彰を受ける森田さん――アピアホールで――

◇東近江
 多様な団体や個人が協働で地域課題の解決に取り組んでいる事業を表彰する「共に考え、共に創る わがまち協働大賞」の受賞事業が決定し、三日にショッピングプラザ・アピアで開催された市民活動推進交流会「つながれ ひろがれ わくわくこらぼ村」の中で表彰が行われた。
 第二回となる今回は十五団体の応募があり、市民投票と東近江市民協働推進委員会(深尾昌峰委員長)の最終選考により、大賞には蒲生地区まちづくり協議会の「赤い糸プロジェクトVOL20“がちゃ婚”」が選ばれた。
 赤い糸プロジェクトは、婚活の先駆けとして二十回を重ね、地域のおせっかいおばさんやおじさんが若者の背中を押し、人材育成、世代間交流、地域の魅力を取り込むことで様々な協働を生み出し、実際に結婚に結びついた実績が、高く評価された。
 第二回受賞事業は次の通り。敬称略。
《大賞》赤い糸プロジェクトVOL20“がちゃ婚”(蒲生地区まちづくり協議会)
《優秀賞》くりみフェスタ(能登川北小学校区地域教育協議会)▽中山道灯り路(五個荘地区まちづくり協議会)
《特別賞》であいタイランド2016(であいタイランド実行委員会)▽昔ばなしも新鮮な、居ながら交流会、「よ〜きて茶屋」事業(NPO法人愛のまちエコ倶楽部)▽未来を創る子どもの感性育成プロジェクト「地球ハートキッズ」(地球ハートビレッジ)
《入賞》暮らしの困りごとをサポートするほんなら堂(あいとうふくしモール運営委員会)▽能登川病院をよくする会▽東近江市空家バンク事業〈空店舗バンク含む〉及び総合相談事業(一般社団法人東近江スマイルバンク)
《協働コーディネート賞》森田初枝(蒲生地区まちづくり協議会)▽菊川弘(能登川病院をよくする会)
《市民応援賞》くりみフェスタ(能登川北小学校区地域教育協議会)


関連記事

powered by weblio




同日のニュース