ビジターズビューロー 色鮮やかな滋賀の景色

■平成29年3月19日(日) 第17759号

=7色で表す動画公開=

◇全県
 (公社)びわこビジターズビューロー(大津市)は、動画「虹色Beautiful、SHIGA(ビューティフル、シガ)―滋賀・びわ湖」を公開している。湖国の様々な情景を映像に収め、色とりどりの美しさを表現したもの。
 動画は「虹の七色」を意識した構成で、時間の経過とともに七色に変化していく滋賀の絶景が楽しめる。びわ湖を中心とした滋賀の様々なスポットが登場。白髪神社、湖北水鳥公園や高島市の棚田など、色鮮やかな滋賀の魅力が感じ取れる。
 また音楽は世界的に活躍する原摩利彦氏が担当。びわ湖のさざ波や水鳥の鳴き声をもとにした、滋賀県ならではのこだわりの音楽が楽しめる。さらに今回の撮影は4Kを使っており、より鮮明に、よりダイナミックな映像で表現している。Youtube(ユーチューブ)上では、ショートバージョンの動画も公開。
 動画を見るには、インターネットで「びわこビジターズビューロー」のホームページ(公式観光サイト)を開き、「虹色Beautiful、SHIGA」で検索する。 
 なお同動画に登場するスポットは「滋賀県観光情報」でも紹介されている。このサイト(http://www.biwako-visitors.jp/)では滋賀の各スポットの見どころも知ることができる。
 なお、虹色の絶景は次の通り。


 ■赤(大津市浮御堂・高島市白髪神社)=始まりの色は「赤」。日の当たるびわ湖は燃えるような赤に。木々が光に反射し、徐々に近づく夜の雰囲気を醸し出している。太陽と、水面にそびえ立つ「白髪神社」の鳥居が印象的。


 ■橙(だいだい)(大津市堅田、愛知郡金剛輪寺)=「橙」では、水面に日の光が反射している絶景や愛知郡金剛輪寺の鮮やかな紅葉が登場する


 ■黄(近江八幡市沖島、高島市畑の棚田)=「黄」では、近江八幡市の沖島と高島市の棚田が紹介されている。太陽が反射し、あたり一面が幻想的な黄色に包まれる。


 ■緑(長浜市湖北水烏公園、米原市梅花藻)=「緑」では、湖北水鳥公園の蓮や水中の梅花藻の様子が映し出されている。一面に埋め尽くされた蓮や藻が水面に揺れる様子は目にも涼しい。


 ■青(野洲市三上山、大津市)=青空から始まるさわやかな「青」。その青空から一転して、雪景色に切り替わる。雪がしんしんと降り積もり、アイスブルーに彩られる。


 ■藍(長浜市、高島市)=「青」が徐々に深みを増して、「藍」の景色が広がる。雲が流れ、空がさまざまな表情を見せている。


 ■紫(高島市、姉川)=最後は「紫」で、日に照らされる高島市、姉川から神秘的な景色が映し出される。
 一方、今回の動画の制作には、滋賀・関西とゆかりのあるスタッフとトップクリエイターが集結した。映像カメラマンは、京都府出身の瀬野敏氏。カンヌCMフェスティバルグランプリを受賞(「日清カップヌードルハングリー」)している。



関連記事

powered by weblio




同日のニュース