障害クリアして奪われた巻物奪還!

■平成29年9月15日(金) 第17912号

=甲賀で1日限定忍者アトラクション=

水口青年会議所制作のイメージ映像

 【甲賀】 忍者体験を通じて甲賀・湖南の魅力を感じてもらおうと、水口青年会議所(JC)は23日、忍者をテーマにした体験型アトラクションゲームを楽しむイベント「NINJA―THE REAL―」を旧甲賀病院跡地(甲賀市水口町)で開催する。
 同会議所の創立50周年記念事業として実施するもので、4人一組になって、心・技・体を振り絞って障害をクリアする。体験アトラクションのストーリーとしては、水口岡山城主の長束正家の命により、敵方に奪われた巻物の奪還をめざすもの。
 具体的には、謎解きから始まって、一本橋や手裏剣、吹き矢、壁歩きなどを経て、高さ4メートルの「城」を登り、巻物を奪い返す。
 当日は午前10時に開会。体験アトラクションは、4回(各60分)実施する。定員は各回100人。1人からの申し込みも可。チームの組み合わせは主催者が行う。
 水口JCの担当者は「アトラクションを通じて、甲賀・湖南の魅力を体感してもらうのと同時に、参加者同士の絆(きずな)も深めてほしい」とPRしている。
 申し込みは22日午後6時まで「e+(イープラス)」のホームページで受け付けている。問い合わせは水口青年会議所(TEL0748―62―3009)へ。
 なお、当日は同じ会場内で、甲賀・湖南の新名物を決めるグルメ大会、木工や伝統工芸の体験教室も開催されている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース