収穫前にソバ花咲く

■平成29年10月9日(月) 

=五個荘簗瀬町=

 【東近江】五個荘簗瀬町で、収穫前の実をつけたソバの白い花が畑一面に咲き誇り、秋風に揺られている
 農事組合法人やなぜファームが生産しているソバで、今年は約6千平方メートルにまで生産を広げた。
 品種は「常陸秋そば」で、種は8月中旬にまいた。やなぜファームの伊野一弘さん(53)によると、開花してから約1ヶ月間、変わりなくきれいに咲き続けているという。
 「満開は過ぎたが、長い間きれいに咲いてくれた。若い実もつき始め、近くのお店で打ってもらう蕎麦が楽しみです」と、10月下旬の収穫を前に胸を膨らませている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース