市保健・子育て支援センター着工 旧八日市南小学校跡地を活用

■平成29年10月13日(金) 第17935号

=来年9月末の完成予定 生涯切れ目ない支援と防災拠点=

完成予想図

 【東近江】 (仮称)東近江市保健・子育て支援センター新築工事の起工式が11日、建設予定地の旧八日市南小学校跡地(東近江市東中野町)で行われ、市や市議会、建設工事の関係者ら約60人が参加した。
 同センターは、八日市と湖東、能登川の各保健センターの施設・機能を統合した保健センターと子育て総合センターの複合施設で、来年9月末に完成する予定。総事業費は7億4000万円で、延床面積約3000平方メートル、鉄骨造り2階建て。


起工式で式辞を述べる小椋正清市長

 施設概要としては、保健・子育て支援センターは、市民の健康づくりを推進するため、成人保健事業・母子保健事業などの拠点とし、成人健康診査、乳幼児健康診査、介護予防、母子保健事業などが行われる。
 子育て支援センターでは、親子が気軽に利用できる遊び場の提供や子育て支援の拠点、子育て相談・援助などを行う。また、市民がふれあえる緑の広場や防災機能を兼ね備えた拠点施設の整備も行う。
 なお同じ敷地内では、中野幼稚園とみつくり保育園を移転統合した認定こども園が先行して着工されており、来年4月に開園する。



関連記事

powered by weblio




同日のニュース