寿長生の郷(すないのさと)で餅花づくり

■平成29年12月13日(水) 第17987号

=叶匠寿庵の和菓子工房 17日まで=

餅花

 【大津】 伝統文化「餅花(もちばな)づくり」が17日まで、大津市の叶匠寿庵(芝田冬樹代表取締役社長)の本社「寿長生の郷」で行われている。
 餅花とは、柳の枝に赤や白、黄色などの彩りのある餅や団子を小さく丸めて付けて「花」に見立てるもの。年頭に豊作や幸福を祈願する小正月の行事の一つで、年末の風物詩と言われる。
 家庭で作ることの少なくなった現代に、日本の伝統文化体験ができる。
 参加するには電話での予約が必要(TEL077・546・3131)、料金は10800円。(餅つき、懐石料理、お茶席付き)、水曜は定休日。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース