正月の文化を楽しむ 子どもかるた大会

■平成30年1月13日(土) 第18011号

=日野町公民館=

ジャンボかるたを楽しむ子どもたち

 【日野】日野公民館でこのほど「冬休み子どもかるた大会」(同館文化委員会など主催)が開かれた。
 2歳から小学5年生までの18人が参加した午前の部では、日野町の「ふるさとかるた」や、手作りの「ジャンボかるた」、「坊主めくり」に挑戦。句が読まれはじめると真剣な顔でかるたの争奪戦を楽しんだ。このあと、日野地区婦人会メンバーが手作りしたたい焼きが振る舞われ、ホクホクのおいしさを味わった。
 母親に連れられて遊びに来た村井琉妃亜ちゃん(5)は「5人でした坊主めくりはいっぱい取れて1番多かった」とかるたの楽しさを話していた。
 門克昌・同委員会委員長(57)は「子どもたちの喜んで遊ぶ姿を見て、スタッフも楽しませてもらいました」と話していた。
 午後の部では、「百人一首」の札をいかに早く取るかを学ぶ「初心者講座」や「体験かるた会」などが開かれ、小学生から中学生までの10人が参加し、盛り上がった。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース