「かるたの聖地」で味わう 百人一首カクテル

■平成30年2月11日(日) 第18036号

=琵琶湖ホテルで提供=

百人一首カクテル

 【大津】 琵琶湖ホテル(大津市 荒木昌志総支配人)では、3月31日まで「バー ベルラーゴ」(営業時間午後5時〜11時)で「百人一首カクテル」の第2弾を提供している。これは、“かるたの聖地”と呼ばれる大津の町の魅力発信につなげようと、昨年9月1日から始めた第1弾が客に親しまれていることから、新たなメニューを考案したもの。
 カクテルは、平兼盛が詠んだ「しのぶれど色に出にけりわが恋は物や思ふと人の問ふまで」などの4首をテーマにした4種類で、1種類はノンアルコール。それぞれのカクテルは鮮やかな色彩や、幻想的な風景が浮かび上がるような趣向が凝らされている。
 問い合わせは同ホテル(TEL077・524・1225)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース