地域活性に期待

■平成30年2月22日(木) 第18045号

=東近江バイオレッツ=

活動方針を確認した設立準備会

 【東近江】 東近江市発の女子硬式野球チーム「東近江バイオレッツ」の設立準備会が16日、八日市商工会議所で開かれた。同会会員をはじめ、小椋正清市長ら来賓など約20人が出席し、4月から始まる関西リーグなどの大会に向け活動方針を確認した。
 設立準備会の冨田正敏会長は「今日から第一歩が始まります。力を合わせ、我々の思いを未来に向けて届けていきたいと思います」とあいさつした。
 チーム総監督は女子硬式野球日本代表を経験した上田玲氏が務める。選手たちは、空き家をシェアハウスで利用し、市内の企業で働きながら練習に励む「地域密着型のチーム」をめざす。
 シェアハウスがある池庄町では、増え続ける空き家が問題になっている。地域活性化に取り組む同町自治会の西河康二会長は「チームが起点となり、地域の良い影響になってほしい」と期待を寄せている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース