最優秀 八日市北小2年、村田弓実さん

■平成30年3月4日(日) 第18054号

=家族ふれあいメッセージコンテスト=

 【東近江】 東近江市青少年育成市民会議八日市支部が募集していた「家族ふれあいメッセージコンテスト」の入賞作品が決まった。

「聞いて、聞いて。」
早く話したいな。今日のできごと


 家族が果たす役割やつながりを今一度見つめ直してもらおうと、35文字のメッセージを八日市支部管内の小中学生を対象に今年1月22日〜2月7日に募集したもの。
 作品は582点(小学生347点、中学生235点)寄せられ、審査の結果、最優秀賞に村田弓実さん(八日市北小2)のほか、優秀賞3点、佳作10点が選ばれた。入賞作品への表彰は5月19日に行われる。
 なお入賞者とメッセージは次の通り。敬称略。
 【最優秀賞】
 ▽村田弓実(八日市北小2)「『聞いて、聞いて。』早く話したいな。今日のできごと。」
 【優秀賞】
 ▽村井千代実(八日市西小5)「ないしょ話でも大きな声。おばあちゃんが話す言葉、すべて私の宝物だよ。」
 ▽小網慶己(船岡中1)「いってきます。その一声からはじまる今日。みんないっしょにいってらっしゃい。」
 ▽川上敦輝(船岡中2)「ケンカしたとき反抗期、翌日は反省期、心の中でいつもゴメン!。」
 【佳作】
 ▽植村優歩(ゆあ)(八日市南小2)「こまった時はおたがいさま、おばあちゃんが教えてくれた家ぞくみんなの合い言葉。」
 ▽井上ちひろ(玉緒小4)「大好きだからいやになる。でもいなくなるとさびしい。一緒が一番うれしいな。」
 ▽山本さき(御園小4)「お母さんはいつもいっしょにおふろに入ってくれる。からだも心もほっかほか。」
 ▽森井まいは(箕作小4)「わたしのいごこちの良いところは、家族みんながいるところ。そこで十分だよ。」
 ▽茂山獅旺(れお)(布引小5)「おばあちゃん、ぼくのせが高くなるたびにせがちぢむ。元気でいてね。」
 ▽小泉恵都(けいと)(八日市北小6)「どんなときでも笑っている。その笑顔ずっと見たいないつまでも。」
 ▽込山葵空(きそら)(八日市北小6)「家族からのお帰りの声。今日も一日がんばったなぁとほっとする。」
 ▽加藤優佳(八日市北小6)「毎朝の集団登校の時、手をつないでくれる妹の手あったかいよ。ありがとう。」
 ▽廣瀬葵(船岡中2)「喧嘩して口も利かないその朝も、母は一言『気をつけて』心の中でありがとう。」
 ▽福嶋萌香(もか)(船岡中3)「安心して。耳が遠くなっても私がゆっくり 今日の出来事話すから。」


関連記事

powered by weblio




同日のニュース