写真で市の魅力を再発見 スキ!ひがしおうみ市写真展

■平成30年4月5日(木) 第18081号

=市役所本庁舎本館1階ロビーで=

写真約400枚を組み合わせたタペストリー

 【東近江】 東近江市内の身近な風景を撮影した写真展「スキ!ひがしおうみ市写真展」が、市役所本庁舎本館1階ロビーで開かれ、訪れた市民の目を楽しませている。13日まで。
 市の魅力を写真で再発見してもらおうと、市が昨年6月に開設した写真の投稿・共有サイト「スキ!ひがしおうみ市」に寄せられた写真をタペストリー(縦150×横90センチメートル)にしたもので、集まった約700枚から400枚を選び、組み合わせた。
 ロビーには7枚のタペストリーが展示され、市内の観光スポットや風景、イベント、建物、鉄道などが、鈴鹿山脈から琵琶湖までを有する市の自然豊かな四季とともに表現されている。
 担当職員は、「歴史あるものから新しいものまで、本市にある様々な魅力がタペストリーに凝縮されています。写真展で本市の魅力を再発見してほしいです」と話している。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース