人間味ある資質を育む 教育福祉の充実へ190人が入学

■平成30年4月5日(木) 第18081号

=びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部=

入学生代表で宣誓する吉田一貴さん(左)と安川日菜さん

 【東近江】 びわこ学院大学・びわこ学院大学短期大学部(東近江市布施町)の入学式が2日、同大学体育館で開かれ、大学の教育福祉学部子ども学科に67人、スポーツ教育学科に35人、短大のライフデザイン学科に88人の計190人が入学した。式には、新入生や保護者、来賓ら約300人が出席し、新たな門出を祝った。
 式辞で賀川昌明学長は、「大学のキャッチフレーズでもある『小さな大学で大きく学ぶ』をめざし、地域に貢献できる人材育成を実現するため、地域全体に活動の場を広げています。在学期間を有効に活用し、人工知能やロボット等にはない、人間味のある資質を身につけてほしいと思います」と歓迎し、来賓の市木徹東近江市議会議長らも祝辞を述べた。
 最後に、在学生の安井万貴さんから歓迎の言葉が送られ、新入生代表として吉田一貴さんと安川日菜さんが、「豊かな教養と技能、福祉の心を身につけ、近代国家の進歩発展に貢献できる有為な人間になるよう、学業に精励することを誓います」と宣誓し、学業への意欲を示した。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース