3度目の正直 ダンス国際大会で優勝

■平成30年4月17日(火) 第18091号

=「BLAZE」ダンススタジオKAERU=

優勝したBLAZEのメンバー

 【東近江】 東近江市五個荘三俣町にあるダンススタジオKAERUのヒップホップダンスチーム「BLAZE(ブレイズ)」が、フィリピンの首都マニラで開催された国際大会「PHILIPPINE DANCE CUP SEASON2」のオープン部門で見事、優勝を果たした。
 BLAZEは、ダンススタジオKAERUをはじめ、大阪や京都の親交ある仲間が開くダンススクール間での選抜メンバーチームで、今期が3期目。スクール合同で開催するオーディションを勝ち抜いた13人の中高生で構成されている。
 ダンス競技が活発で技術が高い海外で経験を積んでもらおうと、毎年、国際大会に照準を合わせて約半年間活動している。1期目は2位、2期目は5位と、悔しい思いを胸にリベンジとして挑んだ今回、初めて世界の頂点に輝いた。
 大会を終えてリーダーの竹本恭希さん(18)は「メンバーが在住する滋賀、京都、大阪の各地で練習を重ね、大会では一つになれました。海外の歓声はものすごく、思いっきり楽しめた」と振り返り、「これから何年も優勝を飾り、BLAZEの名を広めていきたい」と意気込む。滋賀県出身の東ほのかさん(15)と福嶋萌香さん(15)も「優勝はとても良い景色だった。応援してくれた親やチームに感謝と感動が伝えられてよかった」と笑顔で話した。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース