県議補選 大津市選挙区

■平成30年6月14日(木) 第18141号

=河井氏が事務所びらき=

事務所びらきで決意を語った河井氏

 【大津】 明日(15日)告示を迎える滋賀県議会議員補欠選挙大津市選挙区(24日投開票・欠員1人)で無所属での立候補を表明している元大津市議会議員の河井昭成氏(44)=国民民主党・チームしが・連合滋賀推薦=が先ごろ、市内で選挙母体となる「滋賀の未来を考える会」の事務所びらきを行った。
 事務所は国道1号線沿いにある大田鉄工所の一角。これまで国民民主党系の立候補者が数々の選挙戦で拠点としてきた場所を受け継いだ。
 当日、事務所前の駐車場に河井氏の後援会員や連合の関係者、議員など約200人が集まった。代表として同党県総支部の成田政隆氏、地域政党チームしがの中沢啓子氏、連合滋賀の柿迫博会長、前衆議院副議長の川端達夫氏が順に応援のあいさつを行った。川端氏は「家庭を持つ父親であるという、これからの世の中を支える若い世代と多くの共通点を持ち、政治経験を持つのは河井さんだけ。河井さんの応援を、一緒に皆さん頑張りましょう」と呼びかけた。
 河井氏は「人口減少局面を迎えた現代だが、社会の仕組みはまだそれに対応しきれていない。これに取り組んでいくのが未来への責任だ」と述べ、「子どもたちが夢や希望を持って生活を送れる未来のため、皆さんの様々なアイデアを実現できる政策を提言していく」と熱く決意を表明した。
 同選挙区からはほかに、自民党公認候補で元成安造形大学職員の桑野仁氏(59)、共産党公認候補で同党県委常任委員の黄野瀬明子氏(35)が立候補を表明している。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース