県立琵琶湖文化館

■平成30年7月4日(水) 第18158号

=滋賀の文化財講座=

 【県】 県立琵琶湖文化館(大津市打出浜)では県内の文化財について解説する講座「花湖さんの打出のコヅチ」を毎月1回「コラボしが21」(同)で催している。
 県内文化財の調査や保存修理などを行っている同館と県教委が主催。文化財を身近に感じてもらうことを目的としている。
 7月の講座は19日午後1時30分から、「近江の慶派と快慶仏―園城寺蔵阿弥陀如来立像を中心に―」と銘打ち、県文化財保護課の古川史隆氏が阿弥陀如来像の彫刻史的意義と2013年に実施した保存修理の概要について解説する。定員200人。
 8月以降は神仏習合や安土城なども取り上げる予定で、彦根城の外堀を巡る現地探訪の回もある。
 講座は全て無料だが、事前予約が必要。詳細は同館のホームページ(http://www.biwakobunkakan.jp/)を参照。問い合わせは同館(TEL077・522・8179)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース