社会を明るくする運動

■平成30年7月6日(金) 第18160号

=東近江でメッセージ伝達式

 【東近江】 第68回社会を明るくする運動(7月1日〜31日)の内閣総理大臣メッセージ伝達式がこのほど、東近江市役所正面玄関で行われた。
 この運動は、犯罪や非行のない明るい社会の実現を目指すもので、とくに青少年の非行防止と更生援助のため、地域住民の理解と参加により街頭啓発などの幅広い活動を展開する。
 内閣総理大臣メッセージを受け取った同市推進委員会委員長の小椋正清市長は、「市民にとってより住み心地のよいまちづくり日々努力していきたい。これを契機にして、市民も行政の取り組みに参画してもらえれば」と述べた。
 このあと、延命こども園の鼓隊の演奏が披露され、参加者から大きな拍手を受けていた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース