地球温暖化防止策 身近な実践学ぶ

■平成30年7月17日(火) 第18169号

=日野図書館で講座=

松田さんの話に耳を傾ける参加者

 【日野】日野町立日野図書館で8日、県地球温暖化防止活動推進センターによる講座「楽しく学べる!わたしたちにもできる地球温暖化防止」が開かれ、24人が受講した。
 近年、変化してきた天候などで起こる災害の現状を知ってもらい、町民に身近なことからエコを心がけてもらいたいと同図書館が企画した。
 講師は同推進センターの松田明子さん(57)が務め、6月29日に米原市を襲った竜巻の話からゲリラ的な気象変動、気温が10度上昇するだけで災害が発生することなどを分かりやすく解説した。
 気温が上昇する原因といわれている二酸化炭素を減らすため、大掛かりなことをするのではなく、例えば家庭用給湯器をエコ仕様の機種に交換することや、国内でとれる野菜や果物を旬の時期に食べることを心がけると輸送時や温室栽培の燃料減等につながると話した。
 同図書館は「これからもエコ推進に向け、気軽に受講できる講座を開いていきたい」としている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース