妖怪「ガオさん」今夏も出るゾ 開市記念祭「八日市は妖怪地」

■平成30年7月18日(水) 第18170号

=21日 キャライベントと江州音頭総踊り 8月11〜19日 妖怪地描く怪画展=

 【東近江】 東近江市で伝承される妖怪「ガオさん」とゆるキャラが江州音頭総踊りに参加したり、同市伝承の妖怪を描いた絵画を紹介するユニークな催しが、7月21日と8月11日〜19日に八日市駅前のショッピングプラザアピアとその周辺でそれぞれ開催される。
 これは、開市記念祭の一環として催されるもので、「八日市は妖怪地」をキャッチフレーズに地域を盛り上げる若手経営者でつくる「ほない会」が主催し、滋賀報知新聞社などが後援する。
 「ガオさん」とゆるキャラが登場するご当地キャライベントは21日午後5時45分から、ショッピングプラザアピア1階セントラルコートで開かれる。
 続いて午後7時から始まる聖徳まつり江州音頭総踊りのオープニングイベントに駆けつけ、総踊りにも参加する。会場は、近江鉄道八日市駅前通り。
 「妖怪地を描く怪画展」は8月11日から19日まで、ショッピングプラザアピア4階情報プラザで開かれ、一般市民から寄せられた妖怪を描いた絵画ならぬ「怪画」が展示される。
 問い合わせは、ほない会事務局の八日市商工会議所(TEL0748―22―0186)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース