イナズマフードGP2018開催

■平成30年7月19日(木) 第18171号

=ロックフェス10周年につなぐ熱いイベント=

イベント開催について県庁で会見した実行委

 【草津】 イナズマロックフェスへ続くイベントとして、飲食店舗らが同フェスへの出店権を競うグルメバトルイベント「イナズマフードGP(グランプリ)2018in草津」が8月11日、12日の両日午前10時から午後9時まで、旧草津川跡地のde愛ひろば(草津市大路)隣接の特設会場で催される。
 同イベントは今年で4回目の開催。毎年、会場を変えて行っており、JR草津駅東口近くで行った昨年は、延べ4万人の来場者でにぎわった。
 今年の出店は新規10店舗以上を含む全40店舗。天ぷらやラーメン、丼料理、ステーキなどイベントのために趣向を凝らして開発されたメニューが集う。県外からの出店者は滋賀県産の食材を用いるルールも設けられ、地域活性化の役割も担っている。
 来場者は、100円券が10枚で1セットになったチケット(1000円)を会場で購入し、それぞれの店舗の料理(400円〜)を食べ比べる。チケット1セットにつき投票用のコイン1個がついており、最もおいしいと思った店舗に投票する。2日間の投票結果で、上位20位以内に入った店舗が9月22〜24日に烏丸半島(同市下物町)で行われるロックフェスのフリーエリアに出店できる。チケットは1人何セットでも購入可能で、投票も複数回行える。余ったチケットは9月末まで指定店舗で金券として使うことができる。さらに会場で並ばずに料理を購入できるVIPパス(3000円)も販売する。
 会場では、県内のダンスグループによるステージや、ゆるキャラのイベントなどが行われるほか、e―radio「イナズマロックレディオ」の公開録音、ガールズバンド「仮面ライダーGIRLS」のライブなども行われる。
 また、会場横では草津青年会議所が「SO―AIプロジェクト2018 夏だ!草津(まち)に飛び出せ」と銘打った親子で楽しめるイベントを行う。光泉高校ボランティア同好会の学生と同青年会議所らがクイズラリーや竹の水鉄砲づくりなどを企画している。
 同フードグランプリもSO―AIプロジェクトも入場無料。雨天決行だが、荒天の場合は当日午前6時までにイベントの公式ホームページ(http://www.nef.co.jp/inazumafoodgp/2018/)で告知する。実行委の福井敦代表は「子どもからお年寄りまでが楽しんで、ロックフェス10周年に熱い思いをつなげるようなイベントにしたい」と意気込んでいる。
 イベントに関する問い合わせは同実行委(TEL077・565・4455)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース