【寄稿】滋賀県議会議員 村島 茂男

■平成30年7月29日(日) 第18180号

=県政NOW 「地方創生・しがブランド推進対策特別委員会」委員会活動リポート=

    村島氏

 暑中お見舞い申し上げます。
 今回は私が委員長をさせていただいております「地方創生・しがブランド推進対策特別委員会」の活動を紹介させていただきます。
 本委員会は、「魅力ある滋賀の創生およびブランド推進に関する調査研究」を審議し、重点調査項目として、次の2項目について積極的に調査してまいりたいと考えております。
 一つ目は、「魅力ある滋賀の創生」です。
 本県の人口も減少局面に入りましたが、その課題を見据えつつ、地域の事情を的確に把握したうえで、前向きに、地域社会や産業の活性化を図っていくため、効果的な方策がないか調査を進めていきます。
 二つ目は、「滋賀の素材の発掘、磨き上げ、ブランド力向上および魅力発信」です。
 県内にあるキラリと光る素材を発掘し、それを磨き上げることでブランド価値を高めるとともに、その魅力を、情報発信拠点「ここ滋賀」をはじめとして、国内外に広めていきます。
 先日、実施した行政調査では、まず、生産意欲を駆り立てる地域内での農産物の独自の販売促進をテーマに、アグリ蒲生、JA滋賀蒲生町、丹波篠山の小田垣商店の皆さんとの県民参画委員会を開催しました。アグリ蒲生では安全・安心にこだわって独自に花や野菜を苗から育てられている現場を視察させていただきました。若い担い手の育成、また地域の小中学校の生徒に生産することの素晴らしさを、見学を通し教育されておられます。JA滋賀蒲生町の小さくても輝く農業、生産者の意欲が出る販売促進、また小田垣商店との連携した流通を聞かせて頂きました。午後からは、滋賀県菓子工業組合および滋賀二六会の講習会を見学させていただき、若手菓子職人の人材育成と新商品の開発について御意見を聴かせていただきました。いずれも皆さんの叡智と工夫、強い思いが感じられ、ぜひ今後の調査研究に活かしてまいりたいと考えております。
 このように、本委員会は、地方創生やブランド推進といった課題に対し、全力で取り組んでいきますので、県民の皆様の御理解と御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。




関連記事

powered by weblio




同日のニュース