東近江六酒蔵地酒と琵琶湖名物を楽しむ

■平成30年8月7日(火) 第18187号

=東近江市観光協会=

 【東近江】 東近江市観光協会は9月9日、10月14日、11月11日に老舗日本料理店「納屋孫」(東近江市五個荘川並町)で酒蔵当主の話を聞きながら地酒と琵琶湖名物を楽しむツアーを開く。
 新たな琵琶湖のブランド「琵琶湖八珍」(ビワマス、ニゴロブナ、ホンモロコ、イサザ、ゴリ、コアユ、スジエビ、ハス)と東近江六酒蔵の地酒を味わい、酒蔵当主による日本酒の話を聞く。9月9日は増本酒造場、中澤酒造、10月14日は近江酒造、奥野酒造、11月11日は畑酒造、喜多酒造の当主がそれぞれ話を担当する。
 集合は午前11時半納屋孫。解散は午後3時JR能登川駅西口。参加費1万円(昼食代・保険料含む)。定員25人。
 申し込み、問い合わせは東近江市観光協会(TEL0748―48―2100)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース