夏休みの楽しい思い出 たこ焼きパーティー

■平成30年8月21日(火) 第18199号

=南必都佐公民館=

みんなでたこ焼きづくりを楽しむ子どもたち

 【日野】日野町立南必都佐公民館でこのほど、夏休み大作戦「お昼を一緒に たこやきパーティー」が開かれた。
 3歳児から小学5年生までの子どもとその保護者合わせて52人が参加し、楽しい夏休みの思い出をつくった。
 同公民館では、夏休み期間中、宿題や遊び、涼みなどで誰もが集まれるよう開放したり、工作教室や竹細工作り、流しそうめんなどのお楽しみイベントも開いている。
 この日のパーティーでは、グループに分かれてたこ焼きの生地を作ったり、キャベツやタコなどの具材を切ったりして、それぞれの役割を守りながら調理に取り組んだ。
 下準備のあと、たこ焼き器に生地を流し、具材を入れて、竹串でクルクルとひっくり返して焼き上げ、みんなでおいしく味わった。
 藤崎清三館長(68)は「子どもたちを地域で育てようと毎年、夏休みを楽しく過ごせるイベントを企画しています。地域の人々の交流の場になればうれしい」と話した。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース