ミーオFW坂本、トップ猛追 JFL注目の得点王争い

■平成30年8月22日(水) 第18200号

=本紙インタビュー=

得点王争いを繰り広げる坂本選手(ミーオの練習グラウンドJ-FREE PARKで)

 ――得点王争いの原動力は何か。
 どの試合も得点のことだけを考えている。それが結果につながっている。昨年と比べて、ゴールへの意識は一層強くなり、点をとってチームを引っ張ることを考えるようになった。
 ――後半戦の抱負は。
 MIOはJリーグ昇格をめざし、まずは今季で8位以内を目標に掲げているので、それ以上の結果を出す。個人としても得点争いで1点でも多くとりたい。
 ――サポーターにメッセージを。
 ホーム(東近江市、甲賀市)の試合もアウェーの試合も、サポーターの皆さんから声援を送ってもらい、それが大きな力になっているので、もっと多くの人に試合会場へ足を運んでほしい。
―・―・―・―
 坂本一輝 湖南市出身。野洲高校と立命館大学、アルビレックス新潟シンガポールを経て、2015年度からMIOびわこ滋賀。背番号11。

25日、東近江で奈良ク戦

 【東近江】 日本フットボールリーグ(JFL)に所属し、東近江市を拠点とする「MIOびわこ滋賀」のFW坂本一輝選手(28)が現在今季の得点ランキング3位で、得点王争いに絡んでいる。
 JFLの得点ランキングは、セカンドステージ第4節が終わった7月29日現在、HondaFCの大町将梧選手が12得点でトップに立ち、これをソニー仙台FCの藤原元輝選手の11得点、MIOの坂本選手の10得点が追う。
 今季の残り試合は、大町、藤原の両選手が所属するチームは11試合で、これに対して坂本選手のMIOは1試合多い12試合。過去の得点王は18〜20得点を決めており、3選手ともにあと6〜8得点で得点王が視野に入る。
 なお、セカンドステージ第5節となる奈良クラブ戦は、8月25日午後3時から、ホームの東近江市布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)で開催される。
 当日料金は、大人1000円(前売券800円)、小中学生500円(同)、未就学児無料。当日券は、ホームゲーム試合会場で販売している。前売券は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの発券端末で販売している。
 問い合わせはMIOびわこ滋賀事務局(TEL077―564―6646)へ。受け付け時間は午前10時から午後5時まで。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース