プロ演奏家の指導で

■平成30年8月25日(土) 第18203号

=ステップアップ=

真剣な眼差しで指導を受ける中学生たち

 【東近江】 第9回中学生のためのブラスクリニックが21日、八日市文芸会館(東近江市青葉町)などで開催され、市内外の中学生94人がプロ演奏家の指導を受けた。
 この日参加したのは、聖徳中、船岡中、朝桜中、湖東中、玉園中のほか、市外の八幡東中(近江八幡市)、安土中(同)、日野中(日野町)の吹奏楽部の生徒。
 サックスの部では14人が参加。指導者からは「上手になりたいと思うだけでは何もかわらない。上手に吹くためには、今日伝えたことを学校に帰って練習してください。しっかりした練習方法と、どうしたらよい音を出せるか考えることも大事です」と、地道な練習の積み重ねと、自ら工夫する大切さを学んだ。
 講習では、午前と午後の部で楽器の扱い方から吹き方までを教わったほか、最後に指導者がプロの音色を披露して締めくくった。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース