座禅体験や精進料理 蒲生野で癒しと悟り

■平成30年8月30日(木) 第18207号

=がもう夢工房主催=

 【東近江】 国重要文化財に指定されている阿弥陀如来像がある梵釈寺(ぼんしゃくじ・東近江市蒲生岡本町)で、座禅や精進料理が楽しめる体験ツアー「梵釈寺 The 禅」が9月から開かれる。
 梵釈寺(山号 天龍山)は、黄檗宗大本山萬福寺の末寺で、平安時代初期に創建されたと伝えられている。天和年間(1681〜83)現在の地に堂宇伽藍が再興され、また、近江商人で謄写版(ガリ版)の発明者・堀井新治郎家の菩提寺でもあった。
 ツアーでは歴史ある梵釈寺に触れながら、文化財の前で行う座禅体験をはじめ、法話や写経、整備された裏山の散策、大本山で長年修行を積んだ住職の精進料理(昼食)が堪能できる。
 9月16日、9月24日、10月7日、11月18日に開催。時間は午前10時集合、午後1時解散。定員は先着15人。参加費は1人3300円。
 申し込みと問い合わせは、一般社団法人がもう夢工房のホームページ(gamoyume.org)からか、電話・ファックス(0748―56―1395)で。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース