夏にぴったりタイ料理 本場の味をそのまま家庭で

■平成30年9月2日(日) 第18210号

=能登川コミセンで料理講座=

タイ風チキンライス「カオマンガイ」を作るラムヤイさん

 【東近江】 本場のタイ料理が学べる「おうちで簡単!エスニック料理講座」が先月29日、能登川コミュニティセンターで開かれた。
 食欲減退しがちな夏にぴったりのエスニック料理。若い女性を中心に人気が高まっており、この日もスパイスの利いたスタミナ料理で夏を健康に乗り切ろうと主婦らが参加した。
 講師は、五個荘山本町で「古民家タイ食堂ラムちゃん」を経営する後藤ラムヤイさん。本場の味をそのまま提供できればと、タイ料理に多く使われるパクチーなど、手に入れにくい素材はほとんど自宅の菜園で育てているほどの徹底ぶり。タイの調味料なども取り寄せ店舗で販売も行っている。
 講座ではラムヤイさんが育てた野菜を使いながら本格エスニック料理を伝授。
 全3回講座で初回のこの日は、タイ風チキンライスの「カオマンガイ」と「生春巻き」「スイカのスムージー」に挑戦した。タイ料理の肝は素材をはじめ、ソースにあると話すラムヤイさん。
 タイの調味料「ナンプラー」や「スイートソイソース」にトウガラシやニンニクなどをかけ合わせて各料理のソースを作った。参加者もメモを取りながら行程を進め、タイ料理店さながらの料理ができあがった。
 舌鼓を打った岡佑里子さん(佐野町)は「タイ旅行の際にタイ料理にはまりました。はじめての料理もあってぜひ家でつくりたい」と話していた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース