全国大会で団体3位 朝桜中学ソフトテニス部

■平成30年9月2日(日) 第18210号

=粘りのテニスで栄冠 小椋市長に入賞報告=

入賞報告に訪れた朝桜中ソフトテニス部メンバー

 【東近江】 全国中学校ソフトテニス大会で団体戦3位に入賞した朝桜中学校(東近江市市子川原町)の男子ソフトテニス部が8月31日、東近江市役所を訪れ、小椋正清市長に報告した。
 同大会は8月21日〜23日、広島県尾道市で開催され、全国の予選を勝ち抜いた25チームが出場し、東京都の清明学園(関東ブロック)が優勝した。
 この中で部長の森澤伯くん(3年)は「ぼくたち朝桜中学校テニス部は、全国大会優勝を目標に、毎日がんばって練習をしてきました。県大会の時から、フルセットにもつれる大変な試合もありましたが、近畿大会優勝と全国大会3位という成績を上げることができました。また、ぼくたちは高校へ行ってもテニスをがんばろうと思いますが、ぼくたちの後輩たちのためにこれからも朝桜中学校への応援をよろしくお願いいたします」と報告した。
 小椋市長は「輝かしい実績を後輩にも伝えてください。そして家族の協力あってのことも忘れないで」とねぎらい、「高校へ進学しても文武両道で頑張ってください。本当におめでとう」と励ました。
 なお、同中の男子テニス部団体のメンバーは次の通り。敬称略。数字は学年。
 ▽清水雅生(3)▽高岡未來(3)▽森澤伯(3)▽林諒輔(3)▽加藤真輝(3)▽森星汰(2)▽北尾真悠(2)▽森田悠冬(3)。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース