「竜ノコバコ」のブランドで 新商品「丘摘みゼリー」発売

■平成30年9月4日(火) 第18211号

=甘酒、ぶどう味など6種類 女性グループが商品化=

女性グループが商品化した「丘摘みゼリー」

 【竜王】 竜王町の特産品を使った菓子加工などに取り組んでいる女性グループ「やまのうえレディース」と町内2か所の道の駅を運営する「みらいパーク竜王」が「竜ノコバコ」ブランド新商品の「丘摘みゼリー」を共同開発した。
 「竜ノコバコ」は竜王産の旬のくだものと農産物加工品の統一ブランドで、昨年3月に立ち上がった。新商品は「やまのうえレディース」が2001年から一昨年までゼリー商品を製造していた経験を活かし、今年1月から約半年の試行錯誤を経て商品化した。砂糖、ゲル化剤の使用量を極力抑え(砂糖使用量はくだもの4種1%、甘酒4%、生姜&小豆14%)素材の味を引き立てた甘酒、生姜&小豆、ぶどう、もも、いちご、梨味の6種類のびん詰めがある。各360円(100グラム)。
 柔らかい口当たりと、規格外、傷有りなどのB級品を使用しているがA級品と遜色ない味わいの大きな果肉がごろりと贅沢に入っていることが特徴で、冷凍して食べても美味しい。同町山之上の丘陵で採れるくだものがふんだんに使用されていることから「丘摘みゼリー」と名付けられた。
 道の駅かがみの里は「食欲がないときも食べやすいやさしい味のゼリー。使用しているびんはリサイクルできるので、環境にもやさしい。素材そのものの味を楽しんでいただけるように竜王産のくだもの、野菜以外をあまり入れないことにこだわっている」と話している。
 「丘摘みゼリー」は道の駅かがみの里、アグリパーク竜王で販売中。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース