日野小で図書室まつり「びゅんびゅんごま」づくり

■平成30年9月1日(土) 第18209号

=児童たちが手作り楽しむ=

絵本に登場した「びゅんびゅんごま」作りを楽しむ児童たち

 【日野】 日野小学校の図書室でこのほど、夏休み恒例の「図書室まつり」が開かれ、児童約50人が参加した。
 児童たちに本に親しんでもらおうと、図書ボランティアが約10年前から図書室の飾り付けや本の紹介などに取り組んでいる。
 今回は、絵本「びゅんびゅんごまがまわったら」を読んだ後、絵本に登場した「びゅんびゅんごま」とダンボール紙で「カーリング」づくりに挑戦した。
 「びゅんびゅんごま」は、5センチ四方の厚紙の中央2か所に小さな穴を開け、両方にタコ糸を通して両端を結び厚紙にテープを貼って原形をつくり、マーカーで色を塗って完成させた。みんなでこまをうまくまわすコツを教えあい楽しい時間を過ごした。
 5年の石井俊輝さんは「室内での遊びも良いなぁと思った。良く回るこまができた」と満足そうに話していた。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース