練習の成果を力いっぱい 竜王町子ども英語スピーチ大会

■平成30年9月1日(土) 第18209号

=コミュニケーション能力と英語力向上へ=

教育長賞を受賞した大原さん(右)と犬井さん

 【竜王】 竜王町教委と竜王ライオンズクラブ共催の「第8回竜王町子ども英語スピーチ大会」が先月26日、竜王町公民館で開かれた。
 子どもたちが英語で表現する楽しさとメッセージを伝える喜びを感じることで外国語に興味や関心を持ってもらい、コミュニケーション能力と英語力の向上につなげようと毎年開かれている。
 今年は小学生の部と中学生の部に合わせて25人が出場し、参考教科書や自分の思いを2分、中学生は5分の持ち時間で発表した。緊張しながらも大きく手を広げたり、抑揚を付けたり、気持ちをこめて練習の成果を発揮した。
 審査は甲津和寿教育長はじめ元小学校校長、中学校英語科教員、P&P竜王国際親善クラブ代表ら8人で行われ、発音、抑揚、速さ、表情など10項目を審査し、入賞者を選んだ。
 審査委員長の甲津教育長は「堂々と発表する姿に感動しました。竜王町から将来、国際的に活躍する人が増えることを期待しています」と総評した。
 結果は次の通り(敬称略)。
 【教育長賞】大原妃(竜王西小5年)犬井澄(竜王中3年)【竜王ライオンズクラブ賞】齋藤暖乃(竜王西小4年)片桐大智(竜王中3年)【P&P賞】福本詩桜(竜王小6年)大原珀(竜王中2年)【努力賞】寺本照護(竜王小4年)澤井美照(竜王小5年)村地洋輔(近江兄弟社中1年)久茜音(竜王中3年)


関連記事

powered by weblio




同日のニュース