滋賀報知新聞(ニュース)平成12年1月25日()第12125号

寝たきりのお年寄りも大喜び

あ〜ぁきもちいい〜

=新型浴槽設置 玉園ハイム=


新しく設置された介護特別浴槽

(湖東・八日市市)
 八日市市尻無町の特別養護老人ホーム「玉園ハイム」に、寝たきりのお年寄り専用の入浴のための介護特別浴槽が設置された。

 昭和六十一年から使用していた浴槽が古くなり、損傷、摩耗が著しかったことから、昨年四月に県共同募金会を通じて中央競馬馬主社会福財団に助成の申請をしたところ、約六百六十万円の助成金を受けられることになり、自己資金約二百五十万円を加えて更新設置をすることができた。

 車いすやストレッチゃーで浴室まで来たお年寄りは、新しい浴槽の上から伸びた台に移動。ハンドルで浴槽上部中央までスライドすると、浴槽自体が上昇してお年寄りの体が湯に浸かる。
 お年寄りにとっては左右のゆっくりした移動だけで上下の移動がなく、入浴の際の恐怖感がなくなり、湯船の外で体を洗うことができることでお湯を汚すこともなく、介助者も立ったままで作業ができるので腰などへの負担が軽くなる。

 また、銀イオンによる清潔なお湯の入った浴槽底部から出る泡がマッサージの役割を果たし、手足の運動などとともにリハビリにも活用できる。
 昨年のグッドデザイン賞に輝いた新しい浴槽で入所者も気持ちよく入浴を楽しんでいる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

きょう告示 愛東町議選

激しい選挙戦へ突入か

=12の議席に14人立候補へ=

(湖東・愛東町)
 任期満了(二月十日)にともなう愛東町議選(定数十二)は、いよいよきょう二十五日に告示される。文中敬称略。順不同。

 現在のところ立候補の準備を進めているのは現職五、元職三、新人六の計十四人。すでに事前審査も済ませ、臨戦態勢が整った。当初名前があがっていた現職と新人の出馬の可能性はなくなり、この十四人で選挙戦の幕が切って落とされる模様。

 これまでに立候補を表明している現職は、五期を目指す共産の野村秀一郎45(中戸)、三選を期す山田和代54(上中野)、再選で立った密谷要一郎66(妹)、田中誠一64(梅林)、小林源嗣54(上中野)の五人。
 平成四年無投票当選組の苗村増和57(百済寺丁)、川瀬重右門61(百済寺乙)、中澤正孝45(下中野)の元職三人は、返り咲きをかけて初選挙を戦う。
 新人では、昨年の補欠選挙のリベンジを狙う浦野佳代子40(百済寺丙)のほか、地元の推薦を受けている太田康博57(小倉)、松岡勲60(平尾)、松本光郎65(上岸本)、山本清55(百済寺丙)、植田茂太郎59(外)の六人。

 地区推薦組と自立組に分かれる中で、二期連続で候補者を立てることができなかった大票田を抱える三地区のうち百済寺丙、平尾・園の二地区が久々の候補擁立を果たしたものの、鯰江は今回も見送りとなった。
 無投票狙いや阻止組みによるドタバタ劇が演じられた四年前の選挙で、三人が法定得票数をクリアできずに欠員を生じさせるといった不名誉な選挙を経験した町民は、今度こそは二十一世紀の町づくりの先導役となるべき町議の誕生を願っているにちがいない。

 午前八時半から午後五時まで町役場二階会議室で立候補の受け付けが行われる。三十日午前七時から午後八時まで町内八個所の投票所で投票が行われ、同九時から町文化センター二階研修室で即日開票される。有権者数(昨年十二月二日現在)は四千四百三人(男性二千九十九人、女性二千三百四人)。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

1月付句
3月前句募集

=今日まで・能登川町総合企画課=

(湖東・能登川町)
 漂泊の連歌師宗祇法師の生誕の地として町おこしに取り組む能登川町は、広報冊子の宗祇法師紹介ページに掲載する一月の付句と三月のテーマとなる前句を募集している。

 今月のテーマは「碗に注ぐ 七草粥の 緑濃し」と「集う二十の 顔生き生きと」の二つで、前の句には七・七を、後の句には五・七・五の付句を投句する。 また、三月のテーマとなる前句も五・七・五と七・七の二種類募集する。

 応募をいずれも各種一句ずつに限り、いずれか一つでも良い。応募方法は、官製ハガキに一月付句または三月前句(必ず楷書で、ふりがなを付ける)と住所、氏名、年齢、電話番号を記入し二十五日までに〒521―1292神崎郡能登川町躰光寺二六二、町役場総合企画課へ送るか、直接、役場設置の投句箱へ。また、能登川病院や中央公民館、総合文化情報センターでも投句可。なお、一月付句の入選作品は広報三月号で発表される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

ベーゼルドルファー弾きませんか

世界最大のグランドピアノ

日野町文化振興事業団が参加者募集
=3月19日 わたむきホール虹で演奏会=


わたむきホール虹に置かれている
ベーゼンドルファー

(湖東・日野町)
 日野町文化振興事業団は、世界最大のグランドピアノ「ベーゼンドルファー・インペリアル」による演奏会を三月十九日にわたむきホール虹で開く。ピアノが弾ける人ならば、誰でも演奏に参加できる。定員は八十人。

 ベーゼンドルファーピアノは、イグナッツ・ベーゼンドルファーによって一八二七年にオーストラリア・ウィーンで初めて造られた。音楽の都に誕生した同社は、多くの作曲家や巨匠と呼ばれるピアニストの助言によって研究、改良を重ね、現在でも伝統的な「ウィンナトーン」と呼ばれる美しい音色を響かせる。

 とくに、その名声を高めたのは、二、三曲弾くだけでピアノを使用不能にした激しい技巧ピアニスト、フランツ・リスト。エネルギッシュな公演に耐えることができたのは、ベーゼンドルファーのみだった。

 創業して百七十二年の歴史を持つベーゼンドルファーが、これまで製造したピアノは四万三千五百台。量産による品質低下を避けるため、年間あたり七百台前後に抑え、優れた技術者たちが約六十二週間かけてじっくり造り出していく。調律・整音にかける期間は、八週間に及ぶ。

 希望者は、二十六日から二月二十一日までに参加費五千円を添えて日野町わたむきホール虹(TEL0748-53―3233)へ申し込む。なお、一般の入場は無料。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

参加者募集中

近江鉄道で行く再発見の旅

早春の蒲生野、信楽
=電気機関車ED31がお目見え=


大正12年製電気機関車ED31

(湖東・広域)
 近江鉄道(彦根市)は、三月に企画している早春の旅行キャンペーン「近江ガチャコンとたぬき列車で行く近江路・再発見の旅」の参加者を募集している。

 旅の舞台は、豊かな自然と歴史が残る蒲生・日野・水口・信楽の四町。近江鉄道近江八幡駅を起点に、新型列車あかね号、大正十二年製電気機関車ED31、信楽高原鉄道のたぬき列車を乗り継ぎながら、車窓から望む景色や各地の名所を楽しむ。昼食は実施日によって、各町の特色ある弁当が登場する。

 集合場所は近江鉄道近江八幡駅改札口前(午前九時)で、参加するには各コースとも大人三千八百円・子ども二千円(昼食付き)が必要。申し込みは、同鉄道八日市営業所(TEL0748-22―5511)へ。なお、コースの概要は次の通り。
 
蒲生町コース(3月19日)】石塔寺―野口謙三資料館―信楽伝統産業会館―陶芸の森
 
信楽町コース(同20日)】陶芸の森―窯元散策―信楽伝統産業会館
 
日野町コース(同25日)】近江日野商人館―曳山倉見学―信楽伝統産業会館―陶芸の森
 
水口町コース(同26日)】大池寺―鹿深の染め工房「匠の郷」―信楽伝統産業会館・窯元散策


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ