滋賀報知新聞(ニュース)平成12年2月10日()第12144号

東近江・愛知郡が部門総なめ

4特選10入選に2市5町

=平成11年度県広報コンクール審査結果=


広報紙・市の部特選の「広報おうみはちまん」と同町村2の部特選の「広報あいとう」

 (湖東・広域)
 県下の各市町村行政における広報媒体の技術向上と、充実した広報活動の推進を目指す「平成十一年度県広報コンクール」(県広報協会主催)の審査結果がこのほど発表され、東近江地域および愛知郡内の市町村が部門総なめの好成績を納めた。

 同コンクールは、大きくは広報紙、広報写真、広報ポスター、広報ビデオ委託制作、広報ビデオ自主制作、有線放送の七部門、広報紙については市・町村1(人口一万人以上)・町村2(人口一万人未満)の三部門、広報写真については一枚写真・組写真の二部門に分かれて審査が行われ、今年は昨年に比べ五点少ない計六十八点の応募があった。

 その結果、近江八幡市が広報紙・市の部と広報ビデオ自主制作の部の二部門で、永源寺町が有線放送の部で、愛東町が広報紙・町村2の部でいずれも特選に選ばれた。また、八日市市は広報ポスターや広報ビデオなど三部門、能登川町は広報ポスターや有線放送など四部門、近江八幡市はさらに組写真など二部門で複数入選、日野町は広報カレンダーの部で、湖東町は広報紙・町村2の部でいずれも入選した。
特選作品については、県を代表して『全国広報コンクール』(有線放送を除く)に出品される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

みんなで育てる花と実の楽園

4月1日『夢のふるさと村』オープン

=11日から利用者募る 小杉農園=


26000平方メートルの敷地に
貸農園やフラワーパークが広がる
『夢のふるさと村』
(3年後を目標としたイメージ図)

(湖東・五個荘町)
 古き近江商人の町並みと豊かな田園風景が広がる五個荘町に四月一日、利用者自らの手で作り上げる花と実の楽園「手づくり・夢のふるさと村」がオープンする。小杉農園では、十一日から村内の貸農園利用者の募集を始める。

 夢のふるさと村は、総敷地面積が二万六千平方メートルで、九千平方メートルのフラワーパークと約一万平方メートルの貸農園の二つのエリアで構成。パーク内には中央を流れる小川を挟んで果樹園やキャンプ場、多彩な花壇で彩られた公園地帯が広がり、ガーデニングなどの体験教室を催す実習棟や多目的施設が点在している。

 利用募集が始まる貸農園は敷地だけを借りる市民農園と休憩所付き貸農園の二種類あり、休憩所は冷暖房や電源、上水道などが完備されたログハウス風の建物(六畳程度)。マンション暮らしなどで自分の庭を持てない人や田舎暮しを体験したい人などに、村づくりスタッフの一員となって『マイホーム感覚』で楽しんでもらおうと考えられたもので、利用者以外の来園者らにもその様子を見学してもらえるよう区画周囲には小道が巡らされている。
 園内での催しは現在も多数検討中で、花に囲まれた手作り結婚式やガーデン・パーティーなども計画している。

 代表者の小杉長男さんは「利用者たちの手によって作り上げていくのが、この『夢のふるさと村』の最大の目的。豊かな緑に囲まれ、ゆっくりとした時の中でT作るUことの喜びに触れてもらえれば」と思いを語るとともに「観光の町・五個荘町の活性化につながれば」と期待を寄せている。貸農園の募集要項は次の通り。

【利用期間】1年契約。最長5年まで延長可能。

【募集区画数/利用料金】休憩所付き貸農園(85平方メートル)21区画/32万円▽市民農園(35平方メートル)204区画/1万2千円▽市民農園(70平方メートル)27区画/2万4千円

【申し込み方法】所定の申込書に必要事項を記入し、〒529-1421神崎郡五個荘町竜田827・(有)小杉農園内「夢のふるさと村」担当へ送る。
 休憩所付き貸農園利用希望者は申込書のほか、住民票の謄本、印鑑証明書および前年度の所得証明書が必要。応募者多数の場合は、書類審査のうえ公開抽選。抽選日は後日通知。問い合わせは小杉農園(TEL0748-48-2604)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

山田副知事の去就が焦点

春の県の人事異動

県職員退職予定
=西村商労部長、吉川教育長ら5人・部長級=

(全 県)
 平成十二年度の「県職員人事異動」は、三月二十四日前後に内示、四月一日付けで発令される。知事就任後一年半が経過した国松善次知事にとっては、この四月のG8環境大臣会合(環境サミット)、来年の世界湖沼会議を成功させ、ハズミをつけた形で次期知事選に臨みたいところだ。それだけに、地方分権や行財政改革に対応して大胆な国松カラーを打ち出す一方で、内部固めを重視した人事を行うものと見られる。この意味でも注目されるのが、副知事人事である。(石川政実記者)

 県庁のご意見番として職員に慕われている山田新二副知事(昭和六十三年から副知事)は、この七月十五日で任期満了となるが、同副知事の去就には四つのシナリオが考えられている。
1.は任期を残して、この三月で勇退。後任は設けず、山脇康典副知事のみの副知事一人制に戻す。山脇副知事は、来年四月一日の任期満了まで務める。
2.は、G8を花道に山田副知事が七月に辞任し、山脇副知事が来年の任期まで続ける。3.は、この三月で山田、山脇両副知事が勇退し、西堀末治総務部長らを副知事に抜擢する(この場合は、副知事二人制を継続し、一人は外部からの登用か)。4.は、知事選をにらんで内部固めのために山田副知事再任のケース。いずれにせよ山田副知事の意向が大きなポイントになってこよう。

 一方、今年度の退職部長は、現在のところ、西村隆・商工労働部長や吉川勉・教育長ら五人(昨年度九人)にとどまりそうだ。次長級、課長・参事級の退職者の内訳(医師、教員などを除く)は、次長級十人(同六人)、課長・参事級十七人(二十六人)となっている。退職予定は、次のみなさん。

【部長級】西村隆(商工労働部長)▽深尾宗孝(企業庁長)▽吉川勉(教育長)▽今井紘一(県理事)▽正木繁雄(スポーツ振興事業団副理事長)

【次長級】日高明敏(琵琶湖環境部技監)▽伊藤勝(文化振興事業団常務理事)▽中田宗男(福良荘所長)▽中村鐘一(身体障害者福祉協会常任理事)▽中西長嗣(農政水産部次長)▽平塚忠征(水産振興協会理事)▽高士祥助(農業試験場長)▽山岡重厚(道路公社理事)▽松永淳正(企業庁次長)▽鈎孝之(議会事務局次長)

【課長・参事級】〈課長級事務職〉▽大橋幹夫(総務課総務参事)▽鹿山健三(収用委員会事務局長)▽奥村嘉章(下水道公社東北部事務所長)▽中江善雄(八日市土木事務所長)▽齊田雄介(東北部工業技術センター所長)▽高岸昇(農業試験場次長)▽中賢治(水産試験場長)▽池田清(企業庁総務課長)▽船川茂男(国際協会事務局長)▽小泉耕一(県立図書館副館長)▽〈参事級〉圓師猛男(八日市健康福祉センター参事)▽大野木嘉璋(長浜県事務所出納課長)▽中松徹(畜産技術振興センター次長)▽飯田久光(女性福祉相談センター所長)▽弓削朝代茂(湖北地域農業改良センター所長)▽小高弥一郎(長浜県事務所農産課付)▽北川利彦(長浜県事務所土地改良課長)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

13日栗東町芸術文化会館

産廃問題で「町民大集会」

=京大の中川鮮氏が記念講演=

(湖南・栗東町)
 栗東町小野地先にある民間の産業廃棄物最終処分場で、一万五二○○ppmもの高濃度の硫化水素が出て、生命の不安にさらされている地元住民で組織している産廃処理問題合同対策委員会は十三日、ダイオキシンと有害物質からきれいな水と命と大気を守る「町民大集会」を栗東町芸術文化会館「さきら」大ホールで開催する。

 この集会には、京都大学防災研究所の中川鮮氏による記念講演「有毒ガスが噴出している産廃の埋立地とその上に建つガス化炉の危険性について」が予定されている。
 中川氏は、昨年十月、福岡県筑紫野市の産廃処分場で硫化水素によって三人の作業員が死亡した事件に対し、住民とともに運動に取り組んでいる。

 なお集会の開場は午後一時半、開演は午後二時から四時まで。参加費は五百円。詳しくは、田村隆光氏(077ー558ー0457)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

注目の谷氏、出馬断念か!?

=少数激戦 15日告示の甲西町議選=

(湖南・甲西町)
 任期満了に伴う甲西町議選はいよいよ十五日に告示される。現在のところ、二十議席に対して現職十一人、新人十人の計二十一人が準備を進めており、選挙戦突入は必至と見られる。温泉建設などで、豊かな財源を誇っていた町財政は一転して赤字となり、今回の選挙では「財政再建と体質改善」を挙げる新人が目立っている。(文中敬称略)

【三雲学区】
 三雲と三雲東小学区を合わせると最多の有権者(一万九百五十二人)となる同学区は、七人の出馬が予想されている。票の争奪戦を展開する他区よりは有利な状況と考えられるが、地区推選挙の薄れから全区域へ繰り出す候補者も多い。

 学習塾経営の上野は泉ヶ丘からの出馬。自立での申し入れであったが、引退する奥村眞一の後継として妙感寺の推薦が付くかどうか。矢野は積極的な地域活動を行い、後援会の約三十人が主力となって攻勢をかけている。勤務する国鉄関係の票にも期待が掛かる。一方、揺れていた西尾は「出馬の可能性は一〇%」と自ら発言するように不出馬の公算が高い。また、説得を続けていた夏見では未だに動きはなく候補者擁立は困難な様子だ。

 公明の石川は、針から赤松台間のバスコース延長など活動実績を訴え、個人票を上乗せし安全圏へ。平松の地区推薦を得た福島は、約二十人の主力部隊と共に地盤固めに傾注、ただ新興住民が増える美松・平野への浸透は苦戦が強いられそう。三期目を目指す立入は、柑子袋の道路整備を全面に打ち出した総決起大会を開催。「マイタウン甲西」の作詞でも知られ、知名度は十分だ。共産の小西は引退する河合票(六百五十六)を基に前居住地の中央にも浸透。昨年の町長選で出馬した生田は医療のエキスパートとして介護保険を全面に。下馬評ではトップ当選が噂されている。

【岩根学区】
 現職四、新人一の戦いとなりそうだ。五期目に挑戦する谷畑は、後援会やクボタ滋賀労組の組織票を軸に攻めの戦術へ。甲西少年少女発明クラブの会長でも知られ、教育や幼児保育の充実を訴える。谷畑から数百メートル離れた所では三期目に挑む園田が。勤務する東洋ガラス労組と後援会組織をバックに展開、出遅れを挽回できるかが勝負所となりそう。

 花園と岩根西、朝国の共同推薦を受けた勝村は、後継者が育つ農業基盤と心の教育を全面に。校長を務めた三雲と菩提寺小学校関係者の票にも期待を寄せる。共産の今井は、監事をする社会福祉法人「あかつき会」や北中PTAにも支持を訴え堅実な戦いを続けている。早期からスタートを切った中村は、正福寺の地区推薦を取り付け旧集落を中心に手堅くまとめている。

【菩提寺学区】
 有権者七千七百二十六人のうち、約七割が新住民という同学区の前回の平均投票率は六三%。五人が立候補すれば単純計算で一人九百七十票。他区への食い込みが難しい中、互いを牽制する状況となっている。
 近江台の松山は、フルート奏者、元教育委員長と知名度に恵まれ新人の中で優勢な戦いとなっている。企業や地区の推薦には頼りたくないと言う遠山は、特定医療法人「徳州会」(建設に住民の税金を使用しない)の菩提寺への誘致などを主に訴えていく。

 菩提寺線脇に事務所を構える仲西は、四期十六年の経験と実績を基に菩提寺北公民館の早期建設や工事入札の公正化に向けて戦う。現議長の菅沼は、地盤引き締めと共に積極的な攻戦を展開中。県や甲賀郡議長会会長の立場からも前回以上の票は確保したいところ。北山台から出る植中は、同町身体障害者更生会の副会長で、実体験を通して気付いた行政体質の改善を求める。「市民派の女性議員を」と市民ネットも拡がっている。

【下田学区】
 七期目挑戦という超ベテランの坂田は下田を新人の植西に任せ、三雲と岩根学区に攻勢をかける。植西は元菩提寺小学童保育所の指導員で、学校教育をはじめ公立総合病院の建設実現に力を入れる。坂田の地盤を引き継げれば共産党念願の四議席獲得となる。各候補者が最も気にするのが元職・谷康彦の動向だが、連合区の推薦を得られなかったことで見送りの可能性が出てきた。このまま新人も出なければ千二百五十四の谷票が浮くことに。浮動票を狙った激戦区となりそうだ。

【水戸学区】
 工業団地と振興住宅地の同学区は毎回、草刈り場となっており、二期八年間にわたって議員が出なかった。今回は無所属と公明の二新人が出馬する見込みで、無党派層の関心も高まりつつある。振興住宅地が一丸となった水戸では森が出馬する。PTAや湖南工業団地役員を歴任する森は、一週間に最多で十二回のミニ集会を開催するなど、きめ細かな活動を展開中。公明新人の鈴木は、保健婦十六年の経験と信頼を生かし、介護保険制度や高齢者福祉の充実を訴えて立候補へ


立候補への顔ぶれ (年齢は選挙当日)

上野雅代 (52・無新 )
矢野進次 (58・無現1)
石川孝夫 (62・公現2)
福島清彦 (57・無新 )
立入 勲 (61・無現2)
小西勝徳 (43・共新 )
生田邦夫 (52・無新 )
谷畑忠彦 (59・無現4)
園田光昭 (55・無現2)
勝村厚美 (66・無現1)
今井洸一 (60・共現3)
中村武治 (60・無新 )
松山克子 (55・無新 )
遠山 勝 (55・無現2)
仲西一郎 (69・無現4)
菅沼利隆 (54・無現5)
植中 都 (55・無新 )
坂田政富 (55・共現6)
植西容子 (50・共新 )
森  淳  (42・無新 )
鈴木美智枝(58・公新 )


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ