滋賀報知新聞(ニュース)平成12年4月10日()第12212号

男女不問の広域サッカースポーツ少年団

『リブラ五個荘FC』誕生

=体験スクール人気集める=


体験スクールを楽しむ子どもたち

(湖東・五個荘町)
 五個荘町川並に三月二十四日全面オープンしたばかりの繖(きぬがさ)公園内、新設グラウンドを拠点に、町内初のサッカースポーツ少年団「リブラ五個荘FC」(清水嘉寿夫・木村善一代表)が誕生、このほど公開練習と入会を募る体験スクールが催された。

 同スポーツ少年団は、小学四〜六年生の『ジュニア』と中学生対象の『ジュニアコース』の二コースを設定、地域を限定せず男女問わず入団できるのが特徴で、体験スクールには町内外から三十八人の小・中学生が参加した。

 スクールでは、経験豊富な十五人ものコーチの指導のもと実際の練習メニューの体験が行われ、参加した子どもたちは生き生きとした表情でボールを蹴っていた。代表の清水さんは「今までサッカー不毛の地であった五個荘を『サッカーの町・五個荘』にしようと意気込んでいます。ぜひ一度、体験スクールに参加してみて下さい」と呼びかけている。

 練習日時は、日曜日午前八時半〜午後〇時、木曜日午後六時半〜同九時の週二回で、体験スクールは毎週日曜日の練習時に開催、入団を受け付けている。入会費は千円(傷害保険、スポーツ少年団登録費)、会費は一か月二千円。問い合わせは町生涯体育課(TEL0748-48-2737)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

チャイルドシート貸出に

=利用者ぞくぞく=


取り付け作業にも追われる職員

(湖東・五個荘町)
 チャイルドシートおよびジュニアシートの着用義務化に伴い、シートの貸出事業を始めた各市町村では、一日から連日、ぞくぞくと訪れる貸し出し作業に追われた。

 町内在住者を対象に無料レンタル事業を開始した五個荘町でも、初日から六歳未満の幼児を持つ親、間もなく子どもが生まれる予定の家族らが次々に窓口を訪れた。

 シートによって設置方法が異なることから、職員らは各車輛への取り付け作業にも追われたが「これで子どもたちが守られるなら」と終始笑顔で対応。「安全運転が一番大事。気を付けて下さいね、お母さん」と一人ひとりに声をかけていた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

交通ホウキ しっかり守って!

日野署が街頭キャンペーン

=春の交通安全運動スタート=


啓発品を配って交通安全を呼びかけたキャンペーン

(湖東・広域) 
 日野署と日野交通安全協会などは、「春の全国交通安全運動」がスタートした六日に管内の日野町別所地先の国道307号線、蒲生町市子殿の蒲生町役場前で街頭キャンペーンを繰り広げた。

 蒲生町役場前では、交通安全協会のメンバーたちが「交通ホウキ 皆で守って 事故はなし」をスローガンに、通勤途中のサラリーマンにミニホウキを手渡し、「ルールを守って交通安全を心がけてください」と呼びかけていた。受け取ったドライバーは「ありがとう」とニッコリしながら、交通マナー向上を誓っていた。

 十五日まで行なわれる春の全国交通安全運動では、▽子どもと高齢者の交通事故防止▽チャイルドシートとシートベルトの着用の徹底▽無謀運転の追放―を重点とした取り組みを県内各地で繰り広げる。さらに引き続いて十六日から二十二日までは、スローガン「守ります 碧い琵琶湖と 交通ルール」を掲げて県交通安全特別強調週間が展開される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

親子で森林親しもう

=花緑公園で催し=

(湖南・野洲町)
 県立近江富士花緑公園では、県民のみんなに森の恵みと森林文化に親しんでもらうため、大人から子どもまで楽しめるさまざまな教室を開催している。四月開催の教室内容は次の通り。

〔草木染め〕
▽開催日=十四日(金)、二十七日(木)
▽内容=四季折々の植物を使った染めの体験
▽定員=各日とも二十人

〔はた織り〕
▽開催日=五日(水)、十九日(水)
▽内容=草木染めの糸を使ったオリジナルな作品づくり
▽定員=各日とも十人

〔紙すき〕
▽開催日=八日(土)、九日(日)
▽内容=押し花をあしらったハガキや色紙づくり
▽定員=各日とも五十人

〔ガーデニングシリーズ〕
▽開催日=二十二日(土)
▽内容=シャクナゲの植え付けや手入れの説明と接ぎ木の実習
▽定員=三十人

〔森に学ぼうシリーズ〕
▽開催日=二十三日(日)
▽内容=陽春とともに春の花と香り、木々の芽吹きなどを観察
▽定員=三十人

〔木工教室〕
▽開催日=二十三日(日)
▽内容=乗っても遊べるゆらゆら木馬
▽定員=十人

〔参加料〕
 参加料はいずれも無料だが、材料費などの実費が必要。

〔申込方法〕
 住所、氏名、電話番号、参加を希望する教室名を電話で申し込む。

〔申し込み・問い合わせ〕
 県立近江富士花緑公園(〒520―2323野洲郡野洲町三上五一九、TEL077―586―1930)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ