滋賀報知新聞(ニュース)平成12年5月28日()第12267号


ルネサンスをテーマに開講

21世紀の新たな時代に向けて

=八日市市民大学 今年も400人が受講=

(湖東・八日市市)
 第二十八回八日市市民大学(同運営委員会主催)が今年も「ルネサンス八日市=21世紀への提言=」をテーマに、このほど県立八日市文化芸術会館で開講した。

 市民生涯学習講座の草分けとして開講以来、毎回著名な講師を招いて開かれる講義には大勢の市民や周辺市町住民らが受講、これまでに延べ約一万五千人が学び、日々の生活や活動に生かしている。今年度も、四百人近くの受講生が全十二回の講義に臨む。

 開会式では、菊井辰夫運営委員長がテーマ設定に込めた思いとともに「楽しみながら真摯な態度で勉強を」とあいさつ。中村功一市長も「自立した市民が未来に向かって、二十一世紀の豊かな市民文化の礎となるよう、まちづくり、人づくりに大いに関わってもらいたい」と受講者を激励した。

 また、学長の上田正昭名誉教授が「市民の文化への強い情熱が市民大学を支えてきた」とあいさつ。続いて学生を代表して杉澤大代さんが「何か一つでも自分や地域に役立つものを学び取り、伝えていきたい」と誓いのことばを述べた。

 また、上田学長と毎年同大学の最終講義を務めている日高敏隆県立大学長の二人がそろって四月に、人文科学と自然科学の各分野で活躍する人に贈られる南方熊楠賞を受賞した朗報が菊井委員長から報告された。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


ドイツ、韓国からまつり参加

大凧の輪さらに広がる

=伊吹町の小学生もコンテスト出場=


子どもたちと凧揚げで交流するヴェッサージズさん(左)

(湖東・八日市市)
 きょう愛知川河川敷で開催される「八日市大凧まつり」に参加するため、友好都市のドイツ・ハノーバー市や、友好交流を続けている韓国・統営市から凧愛好家や友好親善使節団が八日市市を訪れ、市民との交流を続けている。 また、市内御園地区子ども会連合会と交流する伊吹町の小学生が、ミニ八日市大凧コンテストに参加して交流を深める。

 ハノーバー市からやってきたのは、ヴィニー・シェトラールさんと、フレデリック・W・ヴェッサージズ、マーガレット・ヴェッサージズ夫妻の三人。市立八日市北小学校や私立滋賀学園高校で小学生や高校生との交流、河辺いきものの森などの市内見学を精力的に行い、きょうの本番に備えた。

 「ライネ凧クラブ」に所属するパン屋のヴェッサージズさんは、自宅に凧の工房を構え、自作の凧でヨーロッパ各地の凧揚げ大会に出場。今回はまつりのために作った三つの新しい凧を含めた六つの凧を揚げることにしている。シェトラールさんは「百畳敷大凧は大きくて美しい。ヨーロッパの凧とスタイルが違うので驚いています」と、八日市大凧を見て感動した様子。三人は当日、百畳敷大凧の引き手としても参加し、自分の手で大凧が大空に舞う感動を体験したいと意欲満々だ。

 韓国統営市からは、鄭東培(ジョン=トン・ベ)市議会議長はじめ、統営文化院監事、郷土市研究会長、閑山大捷祭典委員会事務局長、伝統凧研究所長の5人がまつりを見学する。統営市とは平成六年から交流を続け、隔年で使節団を派遣。八日市市からも「統営伝統凧・民族競演大会」などに参加している。

 今年度から八日市市と伊吹町で取り組むことになった「ようかいちっ子・いぶきっ子笑顔交流委員会事業」の第一弾として、伊吹町の子どもたちと保護者が大凧づくりに取り組み、まつり会場で御園地区の小学生とともに凧揚げを通じて交流する。

 同事業は、子どもたちが東近江と湖北の異文化にふれ、心豊かにたくましく成長することを願って、健康な子どもたちによる元気なまちづくりを進めることを目的に始められた。来年二月、今度は御園地区の子どもたちが、伊吹町で開催される「奥伊吹雪合戦」に参加することになっている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


「あじさい」テーマに新作展示即売など 

布引焼 さつきフェアー

=きょうまで 八日市大凧まつりに協賛=


大勢の買い物客でにぎわう「さつきフェアー」

(湖東・八日市市)
 創作陶芸「布引焼」のさつきフェアーが、八日市市外町の布引焼窯元できょうまで開かれており、大勢の布引焼ファンでにぎわっている。

 二十八日開催の八日市大凧まつりに協賛して「あじさい」をテーマに、二十七・二十八日に開いているもので、新作やお馴染みのふくろうの置物など、季節にあったさわやかな色合いの作品が特別価格で並ぶ。

 会場では作品の展示販売のほか、八日市大凧などの絵付けができて三十分で焼き上がる楽焼きコーナーをはじめ、福引、焼きいも、北海道の昆布などの協賛コーナーも人気を集めていた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


秋の国体予選を兼ね開く

大凧八日市弓道大会

=きょう 布引運動公園弓道場=

(湖東・八日市市)
 八日市弓道会(東郷昭治代表)は、二十八日に国体予選会を兼ねた「第四回大凧八日市弓道大会」を同市今堀町の布引運動公園弓道場で開催する。

 午前九時半開会の同大会には県内から約百人が参加し、近的競技の団体、個人戦に挑む。団体戦は三人一チーム(男女混合可)で、個人戦は一般男子・一般女子・シニアの三部に分けて行われる。

 上位入賞者は、十月に富山県で開催の第五十五回国民体育大会秋季大会に県代表として出場する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


夏まつりイベント

フリー2 出店者募集

=永源寺町商工会=

(湖東・永源寺町)
 永源寺町商工会は、七月二十九日に永源寺町民グラウンドで開催される夏まつりのイベントの一つとしてフリーマーケット「フリー2」(午後四時〜同八時半)を開催、三十一日まで出店者を募集している。

 対象者は町内外を問わず、未成年者および露天商を除いて誰でも参加でき、アルコール類以外の物品なら何でも販売できるほか、企業や個人、団体などのPRとしても利用可能。

 但し、アルコール試飲や音が過大なものは不可。また、六月八日午後七時半から開く説明会に出席できる人に限る。電源やテント(五・一張り四メートル×三・六メートル)の貸し出しも有料で受け付ける。

 参加費は一区画(一・八メートル×一・八メートル)千円。希望者は永源寺町商工観光課(TEL0748-27-0360)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ