滋賀報知新聞(ニュース)平成12年5月31日()第12271号


大凧、芸術、花 1日で3倍楽しく

1市2町でイベントの輪

=虹のかけはし推進事業=


コンテストなどが開かれた「花フェスタ2000in愛の田園」
(あいとうマーガレットステーションで)

(湖東・広域)
 今年から「虹のかけ橋推進事業」として、同時開催された「八日市大凧まつり」と湖東町ヘムスロイド村での「ART FEIRむらまつり2000」、愛東町あいとうマーガレットステーションでの「花フェスタ2000in愛の田園(まち)」がタイアップして、隣接する一市二町による一大イベントが繰り広げられた。八日市駅を十五分間隔で出発する無料巡回バスも運行され、各会場とも大勢の家族連れらでにぎわった。

 平成の杜にある湖東ヘムスロイド村では、村内で創作活動を続ける工芸美術作家のほか、全国から芸術家が集まり、作品の展示販売やコンサートが行われ、参加者は自然と芸術で心を癒した。

 あいとうマーガレットステーションは花に包まれ、コンテナ花壇やハンギングバスケットコンテスト、ハンギングバスケット教室、花のコンサートなどが開かれ、訪れた観光客らを華やかに迎えた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


大人が変われば 子供も変わる

八日市市青少年育成市民会議

環境浄化や家庭づくり
=初発型非行防止に全力=


地域活動講演で研修の参加者

(湖東・八日市市)
 八日市市青少年育成市民会議(瀬貝昌之助会長、構成五十一団体)は、このほど開いた平成十二年度通常総会で、青少年育成活動に功績を残した指導者を表彰したほか、本年度の運動方針や事業計画などを決めた。

 表彰を受けたのは、地域や団体活動、スポーツ指導に取り組む功労者で、ガールスカウト保護者団委員の按察富美さん(建部日吉町)、市辺地区体協理事の松本勝さん(野口町)、少年サッカー指導者の川橋利治さん(三津屋町)と浅野豊さん(沖野五丁目)、空手指導の荒川薫さん(蛇溝町)の五人。このほか、家族へおくる感動のメッセージコンテストに入賞の十八人も表彰された。

 総会では、青少年を取り巻く環境を「憂慮すべき状況」と訴え、心身ともに豊でたくましく育てることが新世紀に欠くことができない課題とした。万引きなど初発型非行の低年齢化、陰湿・深刻化傾向にある暴力行為やいじめ、時として出没の痴漢・変質者、有害図書・ビデオ等の氾濫など、青少年の置かれている現状を分析している。

 問題行動の実態を背景に、その変化、変容を敏感に察知し「的確な対応に努力することが市民会議に与えられた使命」と、出席者は青少年健全育成にまい進することを誓い、さらに「大人が変われば、子どもも変わる運動」を推進することにした。

 親や大人が青少年と正面から向き合い、触れ合い活動を積極的に展開する中で、家庭・学校・地域それぞれの立場において、気楽に声の掛け合える環境づくりに努めるとした。

 これらの運動方針から本年度は▽市民運動総合推進(愛のパトロール、リーダー研修、すこやかな家庭づくり推進、地区育成会支援など)▽よい環境づくり推進(有害図書等不買運動と販売自粛、地域安全運動)▽明るい家庭づくり推進(家庭の日・ふれあいサンデーの充実)▽青少年活動促進(多様な人間関係を経験できる環境づくり)▽地域活動推進(育成会の活性化と地域活動の展開)─の五本を柱にした事業計画を立てた。

 最後に、八日市市内三か所の有害自販機完全撤去の中心的な役割を果たした御園地区青少年育成会の西野勉会長の講演「地域で子育て〜みその塾にみる中高生地域活動〜」から参加者は研修を深めた。みその塾では、塾生が年間計画を立てボランティア活動、フリーマーケット参加、キャンプ、スポーツなどの体験学習に取り組んでいる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


地域へ感謝 交通安全願って

向茂組 啓発看板を寄贈設置

=永源寺町の県道2か所に=


交通安全啓発看板を設置する向茂組社員
(県道高木八日市線の市原野地先で)

(湖東・永源寺町)
 総合建設業の向茂組(八日市市蛇溝町、向茂夫社長)はこのほど、交通安全啓発看板三枚を作製して永源寺町に寄贈、県道高木八日市線の同町市原野地先など二か所に設置した。

 同町内の工事現場へ向かう同社のダンプカーなどの通行に対する地元の協力への感謝と、大切な地域の子ども達の命を交通事故から守り、交通弱者に迷惑がかからないように、地域と一体となった交通安全の推進をという思いから、とくに交通事故が多発するこの時期に合わせて設置を申し出ていた。

 看板は、カメが「ゆとりをもって走ろう! ゆっくり走ろう! 安全運転でネッ!」と呼びかけるドライバー向けのもの一枚、通学児童には「一列になって歩きましょう」「道路は危険がいっぱい気をつけて」の呼びかけと交通事故の危険を啓発する絵が描かれたもの二枚。いずれも、縦九十センチ、横百五十センチで「交通ルールを守りましょう」の共通の合言葉が添えられている。

 ドライバー用は市原野地先に、児童用は同町新出方面への進入路と県道が交わる地点に裏表二枚一組で、向茂組社員らにより設置された。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


国477号沿いの産業廃棄物

竜王町撤去方針固める

=監視パトロール効果あがらず=


不法投棄された建築廃材の周囲にロープを張る職員。
手前にあるドラム缶に廃油のような液体が入っている。

(湖東・竜王町)
 竜王町西川の国道477号沿いの公有地に、大量の建築廃材などが不法投棄されていた問題で、同町はこのほど、投棄者が分からないため公費で撤去する方針を固めた。

 近江八幡署が捜査しているものの、今のところ投棄者を特定する証拠がなく、判明する見通しはついていない。廃棄物の中には廃油のような液体を詰めたドラム缶も含まれており、同町は「危険なものなので早いうち撤去しなければ」と、モラルの欠けた行為に頭を抱えている。

 不法投棄された現場は、名神高速道路に通じる国道477号沿いで、雑木林で隠れた場所。昨年秋に住民から通報を受け、十一月末に町職員が現場を確認した上で、近江八幡署へ通報した。

 廃材の量は二百立方メートルで、幅約十メートル、奥行き約十メートル、高さ約二メートルの範囲に野積みされている。たたみや柱など家屋を解体した際に出た建築廃材のほか、液体が入ったドラム缶三本も投棄されている。

 撤去費用の約百二十万円は、現在開会中の六月定例議会に「不法投棄ごみ収集運搬業務委託料」として計上されている。このうち液体の成分調査に約五十万円、廃材処理に約七十万円かかるという。

 現場近くの国道477号は交通量が多く、町外からの不法投棄が後を絶たない。これを受けて同町は環境監視員を配置し、週三回パトロールしているが、深夜に行なわれる不法投棄とイタチごっこが続いている。

 このほか、各集落の住民から選ばれた地域環境推進員が目を光らせているが、生活や仕事との両立の問題があって、抜本的な解決には至っていない。今後の強化策については、同町職員と近江八幡署員が月一回、町内を巡回したいとしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


日野安全運転管理者協会

優良事業所を表彰

=名神八日市カントリーなど=

(湖東・広域)
 日野安全運転管理者協会はこのほど、優良安全運転管理事業所三社、無事故・無違反運動優秀事業所二十四社を表彰した。

 優良安全運転管理事業所は、運転管理業務の指導が優秀だった事業所が選ばれるもの。また、無事故・無違反運動優秀事業所は、昨秋に県下一斉開催した「秋の交通安全運動」に参加した四十一事業所のうち、無事故・無違反を達成した二十四事業所が選ばれた。なお、各表彰を受けた事業所は次の通り。

〔優良安全運転管理事業所〕
 ▽名神八日市カントリー(蒲生町)▽山田建設(日野町)スズキエンジニアリング(日野町)。

〔無事故・無違反運動優秀事業所〕
 ▽池田建設▽今井工業▽オーケーエム▽奥井工務店▽加藤組▽蒲生町役場▽蒲生郵便局▽京セラ滋賀工場▽松花園▽リカーズ・サンク▽テクノ高槻滋賀工場▽寺田製材所▽トヨタカローラ滋賀・日野営業所▽東洋科学▽西澤製材▽花重▽日野町役場▽日野記念病院▽福地製薬▽富士包装紙器▽ベッセル工業・滋賀工場▽丸杉建設▽綿向生産森林組合▽大砲館ビジネス蒲生第一ホテル。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ