滋賀報知新聞(ニュース)平成12年6月25日()第12299号

争点はっきり 関心呼ぶ

きょう投票 衆議院議員総選挙

新世紀へ確かな橋渡しを
=日本の進路は国民が選ぶ=

(湖東・広域)
 今回の衆院総選挙は、無所属前職(さきがけ・民主・社民・連合滋賀推薦)の武村正義候補(65)に、自民公認(公明・保守推薦)の小西哲候補(50)と、共産公認の桧山秋彦候補(57)の両新人が挑み、十二日間の激しい選挙戦を展開してきた。三候補とも日本の進路を鮮明に打ち出し、はっきりした三者択一を有権者に呼びかけるなど、後半に入って選挙への関心も徐々に高まってきた。投票率は、前回(六二・六五%)をはるかに上回り、七○%前後に達する見込み。

武村 野党連合政権を樹立
小西 自公保連立政権維持
桧山 政策実行へ柔軟姿勢

 選挙の争点は、自民党中心の連立政権を継続するのか、民主党主導の野党連合政権を樹立するのか、独自政策を掲げ野党参入に柔軟姿勢を示す共産党を選択するか―の三点に絞られる。これを三候補が連日連夜、選挙区内を隅々まで回り支持を訴えてきた。

 自民の小西氏は、自公保連立政権を維持しながら「景気回復」を柱に「若い行動力で政治を変える」と訴え、民主党などの協力を得た武村氏は「財政立て直し」を第一に「環境経済立国や連邦国家を目指す」とした。一方、共産の桧山氏は、公共事業中心でなく「社会保障と国民の暮らしを主役に」と、自民党政治を厳しく批判してきた。

 投票は午前七時から午後八時まで行われ、各市町別に開票される。武村、小西両氏の競り合い激しく、大勢判明は午後10時半頃とみられる。二区の有権者数は四十一万九千百九十五人(十二日現在)。

東近江と愛知郡の開票所と開票開始時間は次の通り。
【八日市市】聖徳中体育館(9時)
【近江八幡市】市民体育館(9時15分)
【安土町】防災センター(9時10分)
【蒲生町】あかね文化センター(9時30分)
【日野町】林業センター(9時30分)
【竜王町】町公民館(9時15分)
【永源寺町】町役場(9時30分)
【五個荘町】農業者多目的研修施設(9時)
【能登川町】やわらぎホール(9時15分)
【愛東町】保健センターじゅぴあ(9時)
【湖東町】町役場(9時15分)
【秦荘町】町民文化ホール(9時15分)
【愛知川町】町役場(9時15分)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

2日間の体験を通して

仕事の大切さを知る

=聖徳中学2年生の職場体験=


ロープの結び方の説明を受ける生徒たち
(八日市消防署で)

(湖東・八日市市)
 二十二、二十三日の二日間、八日市市立聖徳中学校の二年生、二百三十三人の生徒が二―八人に分かれ、保育園、幼稚園、飲食店、ホテル、郵便局、消防署、印刷会社など、六十二施設で職場体験を行った。

    =職場体験レポート

 この取り組みは、事業所など職場での実際の仕事の体験や見学などを通して働くことの大切さを学び、進路選択の意識を高めることがねらいです。
 新聞の仕事などを学ぶため、滋賀報知新聞社を訪問したぼくたち(四人)は、実際に新聞づくりを体験する目的で、八日市市消防署で学ぶ二組と六組の生徒(十人)を取材した。

新聞づくりをする生徒たち(本社で)

 午前中は、はしごを使った訓練をし、午後からはロープを使ったいろいろな結びを教わって、災害救助などに備えて、常に目標が達成できるように繰り返し繰り返し訓練をしている。
 消防署の人達が、それを学びに来た聖徳中の生徒たちに全員が理解できるように、分かりやすく教えていた。
 それに対して生徒たちは「たいへんだ」「難しいなあ」と言いながらも職場体験に真剣に取り組んでいた。

 人の命を守るため、日々の訓練にしっかりと取り組み、「現場で訓練の成果が出せるよういつも心掛けている」と話してくれた。
 ぼくたちを含め、職場体験をしたすべての生徒が、社会人になることの大切さをしっかりと学んだ。
 (取材・聖徳中学校二年五組 深田弘則、奥川雄真、大谷和也、中村洋基)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


八日市市

池田町自治会が地域史発刊

「よもやま話昔はなし」
=歴史掘り起こし文化継承=


池田町自治会が発行した地域史「よもやま話昔はなし」

(湖東・八日市市)
 八日市市の池田町自治会(高畠忠司会長)は、地域の歴史や民話などをまとめた「池田町よもやま話昔はなし」を発刊した。同町の編さん委員会が、先祖から受け継いできた遺産を掘り起こしふるさとの文化継承と発展を図ろうと、県の草の根創生事業の一環として約二年間取り組んだ。冊子は、A4版・百二十ページで、同町全世帯と関係行政機関に配布する。

 内容的には、第一章「柿御園荘池田村」、第二章「神社と仏事関係」、第三章「伝承事項と行事風俗」、第四章「暮らしと文化」、第五章「教育・学校」、第六章「資料編」の六編に分けられている。
 第一章「柿御園荘池田村」は、地域の古代・中世・近世の歴史をまとめ、地名の由来や同町一帯を支配していた中世の土豪について解説している。第二章「神社と仏事関係」では、神明神社や如来善光寺など町内の六社寺を取り上げ、建立のいわれや文化財、寺社にまつわる住民の思い出話を紹介している。

 また、第三章「伝承事項と行事風俗」については、町内に残る池田古墳、惟高親王の伝説を取り上げ、古来から同町の文化水準が高かったことをうかがわせる。第四章「暮らしと文化」では、農業にかかせない用水や川の話、素朴だった昔の衣食住、正月行事などの暮らしと風習を掲載した。

 このほか第五章では池田町での学校教育の移り変わりの解説、第六章「資料編」では土地利用の変遷がわかる明治時代の絵地図、現代の航空写真を盛り込んだ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


21世紀へあなたの足跡

2001人足型陶板レリーフ

記念モニュメント制作へ
=安土町で参加者募集=


足跡陶板の見本

(湖東町・安土町)
 安土町役場の若手職員でつくる「21Cプロジェクトチーム」は、来年、21世紀のスタートを迎えるに当たり、記念すべき世紀の移り変わりの今を生きる多くの町民の思いを新世紀へのメッセージとして後世に残そうと「足跡モニュメント」の制作を企画。2001人の足型を募集している。

 今年生まれた赤ちゃんや親子、家族、友達同士、還暦など来年に人生の節目を迎える人が、21世紀につなげる希望や夢など、それぞれの思いを公共の場に形として残し、現代を生きる町民がふるさと安土の発展と幸せを祈ろうというもの。

 同チームでは、公募で集まった人々に縦32センチ横21センチ厚さ2・1センチの粘土板(信楽産)を一枚2001円で買ってもらい、表面に各自の足の裏を押しつけて型取り、その周囲に好きな文字や絵などを書き込んだレリーフ板を制作。それを信楽町の窯業場で焼成してもらい、陶板に仕上げた2001枚を張り合わせた記念モニュメントを文芸の郷内の信長の館横に建立することにしている。

 すでにチラシ等で町民に参加を呼びかけたところ団体単位や家族からこれまでに四百枚の申込みがあるが、二十一世紀にあわせて2001人以上の応募を目指している。
 陶板の製作日は、八月八日(火)、十九日(土)、二十六日(土)、二十七日(日)の四日間のうちいずれかの日に参加して制作する。制作時間は半日。

 各自の足型レリーフを集めたモニュメントは、十二月に完成し、除幕式典を行う予定。参加申し込みは七月十日締切りで、町外からの参加も受け付けるほか、安土に関わりのある著名人からも参加してもらうことにしている。

 問い合わせと申込みは、町役場の同チーム事務局(TEL0748-46-3141)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


外来魚の功罪を考える

学生シンポジウム

=今日・琵琶湖博物館=

(湖南・草津市)
 ブラックバスは、是か非か?。琵琶湖に生息する外来魚の功罪を第三者を客観的に考える学生シンポジウム「琵琶湖の外来魚問題について」が、二十五日午後一時から県立琵琶湖博物館で開かれる。参加費二百円が必要(小学生以下無料)。

 外来魚の被害に困っている漁業者、フィッシングなどブラックバスの恩恵で成り立っている釣り業界、生物多様性の維持や保全の科学面からみた視点など、四人の学生が外来魚に関わる様々な現状と問題解決の課題を調査研究した内容を釣り愛好家や漁師、釣り雑誌編集者などをサポーターに招いて発表する。

 発表後は、サポーターを中心に話しを進める分科会を行い議論を深める。
 当日会場では、フィッシングゲームや外来魚料理の試食、ブラックバスの生態解説、琵琶湖に生息する十種類以上の外来魚の展示なども行われる。

 発表の内容は次の通り
【フィッシングからの問題】
《バスの魅力、駆除の圧力》中尾博之・県立大学院生 
【漁業に関する問題】
《琵琶湖の水産資源に及ぼす危機》高峯陽子・県立大生
【生態学的な問題】
《生物多様性の維持・保全に向けて》中野裕子・京都大学生
【ブラックバス業界からの問題】
《バスで成り立つこの業界》安倍泰・愛知芸術大学院生


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ