滋賀報知新聞(ニュース)平成12年7月5日()第12311号

市長・県議 年間報酬1200万円台

資産公開 所得報告など閲覧開始

トップは杉田氏の3486万円

=東近江の町長 他は1千万円前後=

(湖東・広域)
 政治倫理確立に基づく市長や町長、県議の資産公開が先月末までに行われ、その報告書を各庁舎内で閲覧できる。資産は公開開始(平成八年)からの変動ほか、所得が十一年中の総所得ほか、関連会社(今年四月一日現在で報酬を得ている会社や法人と役職名)も報告されている。

 東近江地域では、昨年春の県議選で初当選した西沢久夫氏(八日市市)と徳永久志氏(近江八幡市)の両県議が、就任期間(昨年末まで)が一年に満たないため所得報告書を提出していない。東近江の県議、首長の所得と関連会社は次の通り。所得にはすべての所得が含まれ、報酬ほか関連会社給与、雑所得(年金など)がほとんど。

【中島敏県議】所得 千九百九十三万円▽関連会社 中島組・愛知川砂利販売

【富士谷英正県議】所得 千二百九万円▽関連会社 該当なし

【浦田一郎県議】所得 千二百三十五万円▽関連会社 該当なし

【杼木捨蔵県議】所得 千二百十四万円▽関連会社 該当なし

【北川弥助県議】所得 二千二十万円▽関連会社 アサヒビル・県農業共済連・愛知川沿岸土地改良区

【大谷元太郎県議】所得 千二百六十四万円▽関連会社 該当なし

【有村国宏県議】所得 千二百九万円▽関連会社 該当なし

【上野幸夫県議】所得 千二百十二万円▽関連会社 該当なし

【中村功一八日市市長】所得 千二百五十四万円▽関連会社 八日市衛生プラント組合・布引斎苑組合

【川端五兵衛近江八幡市長】所得 千四百四万円▽関連会社 東近江行政組合

【仙波秀三安土町長】所得 九百八十五万円▽関連会社 文芸の郷振興事業団

【安井一嗣蒲生町長】所得 千五十九万円▽関連会社 日野川流域土地改良区

【奥野弘三日野町長】所得 千百八十三万円▽関連会社 中部清掃組合

【福島茂竜王町長】所得 千二百六十七万円▽関連会社 アグリパーク竜王・町社会福祉協議会・町地域振興事業団

【久田元一郎永源寺町長】所得 七百八十二万円▽関連会社 東近江行政組合

【小串勲五個荘町長】所得 千二百六十八万円▽関連会社 町土地改良区

【杉田久太郎能登川町長】所得 三千四百八十六万円▽関連会社 東陽開発・町文化体育振興事業団


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


母と子のよい歯コンクール

吉原さん母子が東近江代表

=6日の県大会に出場=


東近江地域の代表に選ばれた吉原さん母子

(湖東・広域)
 「母と子のよい歯コンクール」の東近江地域代表に竜王町小口の吉原美子さん(34)、滉樹ちゃん(4)母子が選ばれた。吉原さん母子は、六日に大津市福祉センターで開催される県大会に出場する。

 審査は、昨年度の三歳児歯科検診を受けた東近江地域二市七町の母子二千百二十一人を対象に実施され、七組が最終審査に残った。なお、優秀賞を受けたのは次のみなさん。

八日市市・松本小百合(34)奈巳(4)▽安土町・上薮順子(32)知世(3)▽蒲生町・村井真理子(30)彩沙(4)▽日野町・竹本美奈子(26)愛理(4)▽永源寺町・森村眞由美(36)一貴(4)▽能登川町・井口裕美子(33)湧太(4)。 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


前年度報告と12年度計画を決議

垣見ずい道、当面新設できず

=能登川駅改築整備促進期成同盟会総会=


あいさつする小串勲副会長(五個荘町長)

(湖東・広域)
 能登川駅改築整備促進期成同盟会の平成十二年度総会が三日、能登川町防災コミュニティーセンター二階のコミュニティーホールで開かれ、前年度事業報告や役員改選などが行われた。

 総会には、地元能登川町をはじめ五個荘、愛東、湖東、秦荘の近隣各町から関係者約三十人が出席。これまでの経過報告および前年度の事業報告のあと、前年度の決算、平成十二年度の事業計画、同予算についての決議を行った。

 引き続き行われた役員改選では、会長に引き続き森野欣治氏(能登川町商工会長)を選任、副会長には杉田久太郎能登川町長と小串勲五個荘町長の二氏を継続して、石原藤嗣湖東町長を新たに選任した。また、監事には引き続き山路清太郎能登川町議会議長と新たに水野清文秦荘町議会議長を選出した。

 このほか、桂田重信能登川町産業建設部都市整備・商工課長などにより新駅舎と自由通路の基本設計および駅西・駅前地区土地区画整理事業の進捗状況についての説明が行われ、駅舎については今週中にも決定する事業費について「約十六億円になる見通し」と報告した。

 また、能登川町のメイン道路にも関わらず車両の擦れ違いが困難な垣見ずい道について、早期改修が最も望まれていたにもかかわらず「四十億もの事業になるため、現在の町財政では手が付けられない」と断念したことを告げ、「駅舎改築により自由通路を確保したあと、現歩道部分の撤去により当面は対応していくしかない」ことを明らかにした。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


日野町

みなさんお元気ですか?

=黄門さま老健施設を訪問=


壇上で読み語りを披露する佐野浅夫さん

(湖東・日野町)
 テレビドラマ「水戸黄門」の主演でおなじみの俳優佐野浅夫さんがこのほど、日野町の老人保健施設リスタあすなろ(同町上野田)を訪れ、お年寄り約百三十人と楽しいひとときを過ごした。

 全国の福祉施設を訪ね、お年寄りを元気づけるのが同氏のライフワークで、今回のリスタあすなろで七十一カ所目となった。

 スーツ姿で会場に現われた浅野さんは「私がやっていることは慰問だと言われますが、そんなつもりでやっていません。私自身が皆さんの元気をもらうため、日野町にやって来たのです」とあいさつ。

 続いて、お年寄りから手拍子をもらいながら歌謡曲を口づさんだり、昔話の読み語りを披露し、テレビ番組でうかがえる通りの温かい人柄をにじませていた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


桐原新橋・19日から開通

ふるさと農道が完成

=3世代同居の家族3組が渡り初め=


完成した「ふるさと農道」。手前は若宮町の県道交差点。

(湖東・近江八幡市)
 近江八幡市池田本町地先の日野川に新しく架けられた桐原新橋が、十九日の竣工式のあと午後三時ごろから開通する。

 県と近江八幡市が、同市若宮町と安養寺町を結ぶ「ふるさと農道緊急整備事業」として平成八年十一月に着工、桐原新橋は平成十一年三月までに計画通り完成したが、同農道の起点・若宮町地先の県道交差点の改良工事や道路計画区域で一部未買収用地があったことなどから供用開始が見送られていた。

 これまで、若宮町の県道込交差点から新橋までは、道路工事の進捗に合わせて通行できていたが、新橋を開通すると交通量の増加が考えられることから交通安全面の対策を待って、竣工とすることにした。

 開通する桐原新橋は、三五八メートルの長さで幅十四メートル。幅員三・五メートルの上下車道とその両側に幅二・八メートルの歩道が設けられている。
 若宮町の県道交差点から右岸の橋元までは既存の道路を拡幅整備し、左岸の橋元から国道四七七号線まで二三四メートルは新設し、総延長一、八九○メートルのふるさと農道が完成した。総事業費二六億七、五○○万円。

 開通式を兼ねた竣工式は、同日午前十時から県、市、地元関係者ら約二百五十人が出席して行われ、最後の渡り初めでは、若宮町の堀忠治郎さん(79)と田中喜蔵さん(73)、池田本町の澤光男さん(78)の三世代同居家族三組合わせて九夫婦が、新橋を出席者らと一緒に渡り、開通を祝う。

 また、竣工式に先立ち、両岸の欄干四カ所に据え付けられたモニュメントの除幕も行われる。右岸側のモニュメントは、豊臣秀次と庄屋三人のブロンズ像で「水争い裁きの像」と名付けられている。

 この像は、八幡城主だった秀次が、農業用水をはじめ生活用水のすべてを日野川の恵みに依存していた桐原郷と仁保郷の両村の間で一五八六(天正十四)年、渇水による水争いが起こり、流血の騒動に発展。事態を憂りょした仁保郷江頭と十王の両村の庄屋が、八幡城主だった秀次に争いの裁きを直訴。

 秀次は、武力制圧による一刀両断の手法ではなく、八幡城下町建設の最中、家老・田中吉政を従えて現地をつぶさに視察し、双方の言い分に耳を傾け、民主的に争いをおさめたという史実に基づき建立した。像は京都市在住の彫刻家・竹谷邦夫氏の作。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ