滋賀報知新聞(ニュース)平成12年9月18日(月)第12396号


ブルーグラス・ミュージック国際フェス

吉田悟士さんを招待

=くらま楽器のプロ・バンジョー奏者=

(湖東・八日市市)
 八日市市東浜町のバンジョー奏者・吉田悟士さん(くらま楽器代表)は、米国オクラホマ州で開催(十月五―七日)の「インターナショナル・ブルーグラス・ミュージック・フェスティバル2000」に招待され、日本代表のジャパニーズ・ブルーグラス・バンドの一員として出演することが決まった。


 同音楽祭には、世界各国から招待されるアーチストのほか「ウィ・アー・ザ・ワールド」の仕掛け人として知られるウイリー・ネルソンやオズボーン・ブラザーズ、カントリー・ガゼットなどアメリカのトップアーチストが出演する。


 ブルーグラス・ミュージックは、一九四○年代にアメリカで生まれた現代ポピュラー音楽の源流で、究極のアコースティック・ミュージックともいわれている。吉田さんは、七○年代からブルーグラスの中心楽器であるバンジョーを独学でマスターし、日本では数少ないプロ奏者として演奏活動を続けている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

旧家に伝わる

「伊万里の輝き」展

=五個荘町歴史民俗資料館=

(湖東・五個荘町)
 五個荘町歴史民俗資料館(宮荘)で三十日まで、藤井家をはじめとする町内旧家に伝わる伊万里焼きの数々を集めた企画展「伊万里の輝き」を開催している。
 展示されているのは江戸・明治時代を中心とする約二百点。入館料は大人三百円、高校生二百円、小人百円で、月曜日休館。問い合わせは同館(TEL0748-48-2602)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


日野町議会、29議案を上程

一般会計2億3千万円を補正

=条例では高齢者居宅生活支援=

(湖東・日野町)
 日野町議会は十一日に開会され、一般会計補正(二億三千二百九十四万九千円)など予算六件、高齢者居宅生活支援条例など条例四件、決算十三件、人事二件、契約一件、その他三件の計二十九議案が上程された。
 今回の一般会計補正予算は、生活に密着した道路関連の事業に重点がおかれた。この中で主なものは、農道整備を中心とした農村整備モデル事業五千十万四千円、集落道を整備する町単独道路改良事業千九百六十三万五千円、旧西大路公民館解体工事千百十九万四千円など。


 条例では、町独自の生活支援サービスを有料化する高齢者居宅生活支援条例を提案した。これまで同町は、介護保険制度の認定で自立と判定され、同制度のサービスを利用できないお年寄りに対して、配食などの支援を無料で行ってきた。しかし、十月一日から同制度の一号保険料(六十五歳以上)半額分の徴収が始まることから、生活支援サービスも本人一割負担に切り替えることにした。
 対象は町内在住のおおむね六十五歳以上の人で、身体または精神、その他の理由で家事が困難な高齢者世帯であること。申請を受けた町は、対象者の心身の状況、居住環境を調査した上で決定する。


 具体的なサービスについては、▽調理や洗濯などをする家事援助サービス▽福祉施設での機能回復訓練をする生活支援デイサービス▽昼食を届ける配食サービス▽特養老人ホームで生活指導するショートステイサービス―などを実施する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


西武鉄道

竜王リゾート開発の計画書縦覧

アミューズメント建設前倒し
=環境アセス現地調査は11月着手=


西武鉄道が新しく示したリゾート構想

(湖東・竜王町)
 西武鉄道(戸田博之社長・東京都)が計画している竜王リゾート開発事業の環境影響評価調査(環境アセスメント)実施計画書の縦覧が、十三日から地元の竜王町役場など県内八カ所で始まった。縦覧では、あらためて練り直した具体的な設計、環境アセスメント調査項目を公表し、住民から自由な意見を募る。期間は十月十二日まで。
 このリゾート構想は、名神・竜王インター付近の広大な同社所有地に遊園地やゴルフ場を建設するもの。今回示された概要は、名神高速北側に予定している第一期計画(約百六十九ヘクタール)で、内容的には二期計画のアミューズメントゾーンを前倒しして盛り込み、当初予定していたアウトドア施設を取り止めている。


 これは、高い集客能力を望む同町の強い要望によるもので、残された二期計画の内容は未定のまま。これについて西武不動産滋賀事業所(大津市)の伊吹藤継所長は「今後の経済動向、集客状況を見ながら施設を拡張していきたい」と、当面は第一期計画のみで進める方針だ。
 同社が示した計画概要では、アミューズメントパークゾーン(三十二・七ヘクタール)、ショッピングゾーン(八・六三ヘクタール)、ゴルフ場のスポーツゾーン(百二十八・七ヘクタール)とし、集客能力は年間三百四十四万人を見込んでいる。
 具体的には、アミューズメントパークゾーンは、▽日本文化を学ぶ歴史的色合いの強いテーマパーク▽ジェットコースターや観覧車など遊戯施設をそろえた遊園地ゾーン▽レストランゾーン―の三ゾーン。スポーツゾーンではこれまでの構想通り、十八ホールのゴルフ場を計画。ショッピングゾーンについては、土産やキャラクターグッズを扱ったショッピングモールを建設する。


 これらの建設に伴う環境アセスメントは二十項目にわたり、気象(日照)や水質、大気、騒音など多角的な面から現地調査を行う。同町での対象地域は、建設予定地にかかる小口、薬師両地区のほか、山中や希望が丘、松ケ丘、七里など十二地区にまたがる。
 今後の予定については、縦覧で住民と関係町長(竜王・甲西・野洲の三町)、県審議会の意見を吸い上げた後、十一月から環境アセスメント現地調査に入る。順調にいけば平成十六年度までにまとめ、知事に提出、着工の許可申請を行う。なお、同社は着工の前提条件として、環境アセスメントの結果と設計の内容について関係集落の同意を得ることを確約しているという。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


受講生募集

モンセラットさんの

=「英会話教室」も開講=

モンセラットさん

(湖東・安土町)
 安土町国際文化交流協会は、町外からの参加者もあるなど人気を集めているスペイン女性・モンセラットさん(23)の「国際交流サロン第2弾」を十九日から開講する。 今回は、町国際交流員のモンセラットさんをはじめ、県内在住のイギリス、アメリカ、チベット、中国、セネガル、ペルー、ロシアの八カ国の外国人を講師に招き、それぞれの国の人々の生活のようすや習慣、観光などのについて話しを聞いたり、参加者から質問したりするトークを楽しみながら交流の場をもつ。開講日の十九日には、モンセラットさんの友人のエンマ・アルジェント・フィブラさん(23・山口県庁国際交流員)も来場し、バルセロナの紹介などを行う。外国人講師は全員日本語が堪能。


 開講日は十一月十三日(月)を除いた二週間おきの毎火曜日午後七時半から九時までの一時間半で十二月十二日までの計七回シリーズ。そのうちインドネシアなどの家庭料理教室を二回程度開く予定。会場は町役場隣のコミュニティー防災センター二階会議室。
 参加は高校生以上なら町外からの申込みも受け付ける。参加費千円が必要だが、前回の受講者は無料。


 また、同協会では、語学の堪能なモンセラットさんのスペイン語と英会話の教室も開講する。モンセラットさんは、母国語のスペイン語のほかに日本語や英語の語学も堪能、今回から英語教室も開講することにした。
 英語教室は九月二十八日から十二月二十一日までの毎週木曜日計十回の開講で午後二時から三時半までの昼間のみ。会場は町公民館会議室。
 スペイン語教室は、九月二十七日から十二月二十日までの毎週水曜日計十回開講。午後七時から八時半まで。会場は町役場会議室。
 受講対象は高校生以上で全講座が受講できる人。受講日はいずれも千円と格安(テキスト代は別途必要)。


 受講申込みは、いずれも同協会事務局(TEL0748-46-7201・町役場地域振興課内)で受付中。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ