滋賀報知新聞(ニュース)平成12年9月22日(木)第12401号


年金・税金など無料相談会も

資産運用を学ぶ講演会

あす エース証券八日市支店

(湖東・八日市市)
 エース証券八日市支店(同市上之町)は、二十三日に株式講演会と相続・税金・貯蓄への無料相談会を二階ホールで開く。

 午後一時からの講演会では、リサーチ本部アナリストの池野智彦氏が「ゲノムは宝の山」と題し、調査結果から得た市場分析を基に、投資効果につながる資産運用の秘訣を約一時間話す。

 ファイナンシャルプランナーによる無料相談会は同二時から。老後の生活を支える年金への不安や低い預貯金金利への不満など、余ったお金の活用方法ほか、土地の相続・売買における税金対策などについて相談に乗ってもらえる。

 相談会は同四時までだが、都合が悪い人には予約制で個別相談が受けられる。詳しくは同支店(TEL0748-23―2221)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

コミュニティ機能備え装い新た

近江鉄道 新五箇荘駅舎が竣工

=地域活性と元気老人発信に期待=


晴れやかに行われたテープカット

(湖東・五個荘町)
 コミュニティハウスへの改築が進められていた近江鉄道五箇荘駅(五個荘町小幡)の新駅舎がこのほど完成し、二十一日に竣工式が行われた。

 五箇荘駅は十五年ほど前に駅舎が取り壊されて以来、無人の改札口とホームの屋根付きのベンチのみの状態で、ここ数年はそのわずかな設備さえも老朽化が激しく、早期の改築が望まれていた。

 十五年ぶりに復活した待望の駅舎は、敷地面積百四十四平方メートル、床面積約百十平方メートルの木造平屋建てで、近江商人の発祥の地・五個荘にふさわしく、また、景観にも配慮した、風情ある瓦葺きになっている。

 駅舎内は、コンコースをはじめ、ゆったりとした待合兼休憩スペース、小幡人形など郷土の物産を展示したコーナーほか、シルバー人材センターの事務所も設けられており、センター職員には今後の駅舎の管理・運営や観光客の案内役を務めてもらうことにしている。総事業費は約三千七百万円。

 関係者約四十人が出席した式典では、小串勲町長をはじめ六人により晴れやかにテープカットが行われたあと、小串町長が「今後この駅舎が、地域のコミュニケーションや来訪者との情報交換の場として、また、少子高齢社会の中での『元気老人』の発信基地として活用されることを期待する」とのあいさつを述べ、周囲に集まった地域住民らとともに待ち望んだこの日を祝った。

 今回の竣工を記念して五個荘町シルバー人材センターは二十三日、同駅に降り立った先着百人(学生を除く)に木製「丁稚(でっち)人形」の配布を行うことにしている。午前九時ごろから。

 同町を訪れた人への感謝と歓迎の気持ちを込めてプレゼントするもので、近江商人の町にちなんだ丁稚の姿の人形は、商売人らしく愛想の良い笑顔を浮かべ、「おいでやす」との歓迎の言葉が添えられている。

 また、二十三・二十四の両日には同町の観光イベント「ぶらりまちかど美術館・博物館」も開催され、新駅舎の晴れのスタートを飾るにふさわしい、にぎやかな週末となりそうだ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


消費者との交流通じ農業PR

ブドウもぎ取り体験

=蒲生町鈴のふれあい農園=


ブドウを味わいながら講習を受ける参加者

(湖東・蒲生町)
 東近江農村活性センターの農業体験講座がこのほど、蒲生町営の鈴ふれあい農園で開かれ、県内外から受講生二十二人が参加、熱心に地元の指導者のアドバイスに耳を傾けていた。

 この講座は、農業に関心のある消費者を対象に、生産者との交流や体験研修を通じて、農業や農村の良さを知ってもらおうと今年からスタートした。五月から始まった講座では、東近江の各地域で田植え体験、さつまいも栽培植え付け実習などを行ってきた。

 講習では、はじめに各受講生が自己紹介をした後、みずみずしい香りを放つブドウのもぎ取りを体験した。今年の出来は糖度十八―二十度で、味わいは良好。もぎ取った新鮮なブドウを口に含んだとたん「おいしい」と秋の味覚に舌鼓を打っていた。

 この後、野菜栽培について様々な質問が出され、地元の指導者は一つ一つ丁寧に答えていた。奈良市から参加した女性は「農業関係の仕事に就いていますが、非農家なので知識がなく、不自由を覚えることがあります。少しでも知識を吸収して、仕事に役立てたい」と話していた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


眠っている不用品

提供してもらえませんか

=おうみ共同作業所 =

(湖東・近江八幡市)
 法人認可への資金確保を目指して近江八幡市船木町のおうみ共同作業所(古嶋信也所長)は、十月八日午前十一時から市役所駐車場で不用品バザー「おうみのつどい」を開く。出品される不用品は、一般家庭から提供された物がほとんどで新品同様の家庭雑貨が破格値で数多く店頭に並ぶことから毎回人気を集めている。

 開催にむけて同作業所では、不用品の提供を求めており、二十三、二十四日の両日、提供してもらえる家庭を巡回して回収作業を行う。

 同作業所では、年々増加する入所希望者を受け入れるため施設の増築や運営体制の改善などに取り組んできたが、その限界に達している。このため、通所者の作業環境や生活条件の抜本的な改善を図ろうと法人認可を目指しており、新施設建築の用地も地元地権者の理解により提供してもらえるところまできた。しかし、施設建物の建設には、多額の資金が必要。市の公的援助も受けられないことから自力で険しい坂を一歩一歩登っていく活動を始めていくことにした。

 まず自己資金づくりから取り組むことにし、今回のバザーは、新施設建設のための第一歩。善意による提供品の回収区域は、岡山学区内や旧八幡市街地が中心だが、連絡してもらえれば引き取りに行くことにしており、協力を求めている。不用品の提供は同作業所(TEL0748-34-6410)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


県内地価 下落幅広がる

県が調査結果を公表

商業地の大幅ダウン目立つ
=10年連続 住宅地も軒並み安=

(湖東・広域)
 県は十九日、今年の県下の地価調査結果の概要を公表した。それによると、すべての用途で十年連続の下落を示し、安定の兆しをみせていた過去三年の下げ幅を上回ったほか、依然として商業地での大幅なダウンが続いている。

 この調査は、国土利用計画法に基づき県が年一回、基準地の価格調査を行ない、その結果を公表することで、国の地価公示と合わせて地価ネットワークづくりに役立てる。一方、一般の土地取引に指標を与えるとともに、国土法による土地取引届け出の価格審査や、公共事業の用地買収価格の基準にと実施した。

 今回の調査基準地は昨年同様の四百五十地点(うち宅地・宅地見込地四百三十九地点)で、鑑定評価結果を受け県の地価調査委員会議の意見に基づきはじき出された価格(七月一日現在)は、売り手にも買い手にも片寄らない正常な価格とされる。

 調査結果によると、県下全域における用途別平均価格(一平方メートル当たり)は、商業地が十三万二千百円(前年十四万七千百円)と最も高く、続いて準工業地七万六千四百円(同八万三千円)、住宅地七万八百円(同七万四千七百円)、工業地四万三千五百円(同四万六千五百円)、住宅見込地三万五千二百円(同三万七千五百円)、調整区域内宅地三万二千百円(同三万三千四百円)の順。

 これらの価格に伴う平均変動率は、すべての用途でマイナスを示し、商業地が七・五%(同六・九%)と大幅に下落したほか、準工業地六・五%(同五・六%)、住宅見込地五・八%(同四・○%)、工業地五・七%(同四・三%)と続き、住宅地も三・九%と前年(三・○%)に比べ大幅にダウンした。

 八日市市内の商業地トップは幸町2-1の十三万二千円(マイナス一万三千円)、次いで金屋2-2-5の十万三千円(同七千円)、本町13-6の十万円(同八千円)。準工業地で札の辻1-6-1の六万九千七百(同三千二百円)。
 住宅地では、緑町32-10の七万六千円(同二千二百円)、沖野2-12-3の七万四千円(同二千三百円)、清水2-2-12の六万七千八百円(同二千九百円)が基準値を示している。東近江地域と近隣の平均価格は次の通り。住宅地、商業地の順。カッコ内は下げ幅。

【八日市市】 六万四千五百円(三・○%)十一万一千七百円(七・六%)
【近江八幡市】八万七千九百円(五・一%)十五万七千三百円(八・七%)
【安土町】  五万八千九百円(二・一%)九万七千八百円(四・一%)
【蒲生町】  三万八千九百円(一・九%)六万二千円(三・四%)
【日野町】  四万四百円(三・一%)七万二千五百円(四・○%)
【竜王町】  基準地なし
【永源寺町】 一万四千六百円(一・二%)二万八千六百円(一・七%)
【五個荘町】 五万八千二百円(一・八%)六万七千五百円(四・九%)
【能登川町】 七万六千三百円(二・○%)十一万八千円(五・六%)
【愛東町】  一万四千六百円(一・一%)二万九千百円(二・○%)
【湖東町】  二万四千七百円(○・七%)三万七千円(三・四%)
【秦荘町】  一万七千円(一・四%)一万九千二百円(一・五%)
【愛知川町】 二万四千百円(○・九%)五万八千九百円(二・六%)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ