滋賀報知新聞(ニュース)平成12年10月8日第12419号

県内のアマチュア劇団が一堂に

滋賀県演劇フェス2000

=21・22日 八日市文芸会館で開催=


稽古に励む劇団員ら

(全 県)
 県内で活動するアマチュア劇団のコミュニケーションと、県下の文化・芸術の振興・発展を目的とした平成十二年度県芸術文化祭「滋賀県演劇フェスティバル二〇〇〇」(県・県教委・同実行委など主催)が、二十一・二十二の両日、県立八日市文化芸術会館を会場に開かれる。

 県下のアマチュア劇団が一堂に会して合同作品の企画・制作・公演を行うもので、今年度の作品は東近江地域の劇団と演劇関係者が中心になって制作。日野町小野に実在する史跡やそこに伝わる民話を基に、地域の特徴ある文化を最大限に活かした親しみと芸術性に富んだ作品が出来上がった。

 披露される作品は、愛をテーマにしたミュージカル「人魚伝説〜そして花になりて〜」で、九〜五十五歳のキャスト三十八人が出演する。
 開演時間は二十一日が午後七時から、二十二日が午後二時からで、入場無料(要整理券)。問い合わせは八日市文芸会館内同実行委員会事務局(TEL0748-23-6862)へ。

【制作協力】U部隊・劇団バナナのかわ・演劇同人フォルテ・劇団異国幻燈舎・関西雑戯団D’BOX・夢幻塾・劇団光舞Zaseki・劇団BUGSY・劇団ビタミンB群・ミュージカルカンパニークレムス・劇団するめ・EnfanceFinie・演劇集団ミラクルキッチン・イオ・ふりぃ


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

地域安全ポスターコンクール

入選作品20点が決定

=15日 アピア4階で表彰式=

      


村田静佳さんの作品          小澤杏奈さんの作品

(湖東・広域)
 八日市警察署と八日市神崎地区防犯自治会は、地域安全確保と自主防犯活動の一層の推進を図ることを目的に実施した「地域安全ポスターコンクール」の入選作品を、このほど決定した。

 管内在住の小・中学生を対象に、夏休み中の課題として作品募集を行ったもので、応募総数は小学生百三十八点、中学生三百五十五点の計四百九十三点にのぼった。

 入選作品は、厳正な審査の末、小・中各部門から優秀五点、佳作五点の計二十点が選ばれ、優秀作品からはさらに啓発ポスター用の原画としてそれぞれ一点が選出された。

 入選者の表彰式は十五日午前十一時から、八日市駅前のショッピングプラザ・アピア四階の研修室で行われ、同日から二十三日まで、同じくアピア四階の情報プラザで作品展が行われる。

 なお、ポスターは各五百枚づつ作成され、管内各所に配布・掲示される。入選者は次の皆さん。
【ポスター原画】
 ▽小学生の部=村田静佳(八日市南小5年)
 ▽中学生の部=小澤杏奈(船岡中3年)

【小学生の部】 
 ▽優秀=山口真里菜(八日市南小5年)北岸慶子(八日市西小6年)諸頭美由紀(同)池戸佑実(同4年)
 ▽佳作=奥村美奈(布引小6年)池戸一浩(八日市西小6年)小澤暢子(同)藤田早紀(同5年)久保玲奈(同)

【中学生の部】
 ▽優秀=若林恵(玉園中1年)高田奈穂美(聖徳中2年)永井麻友美(同)堀瑞穂(船岡中2年)
 ▽佳作=鯰江勇斗(聖徳中2年)小杉光太朗(同)都志あゆみ(船岡中2年)辻香奈江(五個荘中2年)山脇志央里(能登川中1年)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


にっこり恵比寿さん大黒さん

来館者に福よ来い!

=五個荘町の近江商人屋敷で展示=


恵比寿・大黒人形に子どもらも思わず笑顔

(湖東・五個荘町)
 五個荘町金堂の近江商人屋敷・旧外村繁家で、商家の神様「恵比寿」と商売繁盛の神様「大黒天」の人形の数々を紹介する特別展が、二十九日まで開かれている。

 全国各地で今もなお愛されている二福神の面々を、商人屋敷にちなんで一堂に展示したもので、県内唯一の郷土民芸品「小幡人形」をはじめ兵庫県の稲畑人形、岩手県の花巻人形など、同町所蔵の大小さまざまな恵比寿・大黒人形約六十点がずらり顔をそろえている。

 その内、五十八体に限っては、七段の飾り棚に福(ふく)にちなんで左右二十九体づつ並べられており、よく見ると鯉(こい)の彫刻も。広瀬弥三郎館長によると「来館者のみなさんに福(二九)来い(鯉)との思いを込めて工夫したんです」とのことで、会場にあふれんばかりの二福神の微笑みに、訪れた子どもたちや観光客らも「幸せな気持ちになる」と顔をほころばせている。

 入場料は、旧外村宇兵衛家、あきんど大正館との三館共通で大人四百円、高校生三百円、小人百五十円。問い合わせは近江商人屋敷(TEL0748-48-5676)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


四季の草花で豊かな表現

「徳永信子 押し花アート展」

=蒲生町あかね文化センター=

(湖東・蒲生町)
 四季の草花で豊かな表現を楽しむ「徳永信子 押し花アート展」が、蒲生町あかね文化センターで開かれている。十三日まで。

 会場には、普段気にも止めない草花を使った色鮮やかな作品約三十点が展示されている。作者の徳永さん=写真=(八日市市小脇町)は「自然からの贈り物である草花を意のままに並べただけ。誰でも二、三日で、気軽に楽しめるようになるのが押し花の魅力」と話す。

 「秋の音楽隊」と名付けた作品は、四ツ葉のクローバーやカスミソウなどをうまくアレンジして、今にも飛び出しそうなフクロウたちの音楽隊を生き生きと表現した。

 また、畳制作一級技能士の免許を生かして、八日市南高生と共同開発した「押花畳キーホルダー」は、オリジナル作品として高い評価を受けているという。このほか、テーブルクロスや壁掛け、コースターにも押し花をあしらうなど、遊び心あふれた生活雑貨を並べている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


現金20万円などが当たる!

「あきんどふれあいウォーク」

=商工会議所が参加者募る=


「近江八幡まちなみフェスタ2000」のポスター

(湖東・近江八幡市)
 近江八幡商工会議所は、今年で創立四十五周年を迎えるのを記念して十一月三日に「近江八幡まちなみフェスタ2000」を開く。

 旧市街地の歴史的文化遺産や名所旧跡を巡り、八幡の町並みの魅力や歴史について再発見し、手作りの商いを楽しむイベントと合わせて、八幡商人を輩出した伝統あるまちの良さを見直してもらう。

 当日は、現金二十万円や北海道旅行など豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会と連動した「あきんどふれあいウォーク」と小学生や八幡商高生徒の「近江商人あきない体験塾」、地元や姉妹都市の物産を廉売する「はちまん楽市」を四会場に分かれて催す。

 メインのあきんどふれあいウォークは、日牟礼八幡宮や本願寺八幡別院、ヴォーリズ記念館など旧市街地に点在する観光名所や歴史文化財を訪ね歩き、旧市街の散策と十カ所の施設に備えられたスタンプを集める。ゴール後、あきんどの里で十カ所のスタンプを集めた参加者を対象に現金二十万円、テレビ、デジタルカメラなど豪華賞品が当たる抽選会を開く。

 近江商人あきない体験塾は、大杉通りの空店舗で小学生たちが、お菓子や花屋、おもちゃ屋などを自分たちの手で繰り広げる「ジュニアあきない市場」を開く、また、八幡商高生徒によるあきない体験塾は、あきんど道商店街の空き店舗五店を活用し、八幡の特産品や生そば手打ち実演販売などを行う。

 はちまん楽市は、八幡神社境内で地元の新鮮な農産物や友好都市の特産品などが直売されるほか、模擬店も軒を並べる。
 お楽しみ抽選会へ参加資格を得るためには、あきんどふれあいウォークに参加することが条件になっている。参加申し込みは、住所、氏名を記入したハガキかファックスで受け付けている。

 応募先は、近江八幡市桜宮町231−2 近江八幡商工会議所(FAX33−4141)。締め切りは二十日。先着千人まで受け付ける。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ