滋賀報知新聞(ニュース)平成12年10月9日(月)第12420号

不当な要求に屈しないために

管理職に心構えなど徹底

=八日市市 県警担当官から指南=


市の管理職を集めて開かれた研修会
(市役所別館大ホールで)

(湖東・八日市市)
 八日市市は不当要求事象への対応について市管理職員を集めてこのほど市役所別館で開いた研修会で、不当要求に対して恐れることなく毅然とした態度で臨むなど、対応策や心構えなどを学び、対応の徹底を図った。

 窓口業務などでの不当要求で職員が対応に困ったり、地方分権の推進とともに自治体での許認可事務などの増加が予想されることから、市では県警からの専門職員を参事として迎えたほか、今年八月に「八日市市役所不当要求行為等対策要綱」を制定するなど、体制を整えてきた。

 今回の研修では管理職のほとんどが出席して、不当要求があった場合にどのように対応すればよいのかなど具体的な対応方法や、県や市の不当要求の事例などについて、県警、八日市署の担当官から学んだ。

 研修を前に、海外友之進助役が「管理職のリーダーシップが問われる時代、平素からの心構えと準備が大切」とあいさつし、出席者の士気を高めた。

 今年度、全国で最初に滋賀県警に設置された不当要求対策特別捜査班の橋爪秀夫不当要求対策官は、近江八幡市民病院職員や信楽町長への恐喝事件、湖北で発生した不当要求による検挙事例などの対応を具体的にあげながら、▽不当な要求に恐れない▽窓口の一本化で組織的な対応▽他の機関との連携▽警察との連携▽積極的な情報提供を徹底するよう言及するとともに、警察としても▽事件化できないものでも指導・助言・警告などを厳しく行う▽被害者対策を徹底して行う▽刑事で対応できない場合は民事の弁護士を紹介する、といった積極的な対応で臨んでいることを確認した。

 このあと、ビデオで対応の実際を学び、八日市署刑事課の中川裕二知能犯・暴力団対策係長から市内の実態について報告を受けた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

夏休み写真コンテスト

思い出詰まった150点

=10日まで アピア情報プラザ=


楽しい作品に思わず近寄る買い物客

(湖東・八日市市)
 カメラのスズカ恒例の「夏休み写真コンテスト」が今年も八日市駅前のショッピングプラザ・アピア四階にある情報プラザで開かれている。十日まで。

 今回も夏休みに撮った写真の現像に訪れた人を対象に作品を募集したもので、八日市市を中心に近隣市町からそれぞれの夏休みの思い出が詰まった作品約百五十点が寄せられ、すべての作品を展示している。

 兄弟姉妹や親戚の人達と過ごした楽しかった夏の一日、プールや花火、家族旅行の思い出、お祭りやスポーツでとらえたシーン、心に残しておきたい風景や美しい花など、ファミリー写真や写真愛好家による作品まで、夏休みの思い出の一ページを飾った場面が大きく引き伸ばされ、買い物客ら見る人の感動を誘っている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


議会で可決の 用地取得を断念

五個荘町の怪文書問題で

暴力団介入の責任は誰に?
=小串町長 町営住宅建設には意欲=

(湖東・五個荘町)
 「こんなにゴタゴタしてまで計画を進めたくない」と小串勲五個荘町長は、同町山本に計画の町営住宅建設予定地(民有地)の土地取得を断念する考えを明らかにした。

 土地取得に関しては、先月十九日閉会の九月定例議会で可決されて以来、反対町議らによるビラ、差出人不明の怪文書などが町内を飛び交い、揚げ句の果てに暴力団の姿まで見え隠れする事態に追い込まれている。

 計画は、町内の不動産業者らが所有する雑種地(約九千三百平方メートル)を一億八千三百万円で取得し、建設省が景気対策に打ち出した公営住宅供給促進緊急助成事業(十四年度まで)を活用し、環境にやさしいバリアフリーの一戸建て福祉住宅約二十戸を建てることにした。

 しかし、この土地は九年暮れ頃まで産業廃棄物が多量に埋められた形跡があり、農地のまま無断造成を開始した七年から苦情が相次いでいた。このことから町は、土壌の安全性を確認するため、今年六月にボーリング調査を実施した。

 これを基に計画は、九月議会に提案され賛成多数で可決された。反対議員は、共産の川嶋重剛ほか坪田敏男、諏訪一男、前田清子の四氏。この中で、議会で可決されたにもかかわらず、たとえ反対側に回ったとはいえ町長対決姿勢を強める前田議員の言動(後援会だよりなど)は、議会制民主主義を自ら否定し、賛成に回った同僚議員を暗に批判したものといえる。

 議会(西村実議長)に諮り可決された計画をルールに従って進める立場の小串町長は「何も信じられなくなった」と嘆く。増して一議員の造反は「議会軽視」とのレッテルを貼られても仕方がない。

 問題は、住民監査請求にまで波及し、公金支出などの解明は町監査委員にゆだねられた。このことに対し町長は、疑惑があるとするなら「議会内に百条委員会を設置し追及してもらいたい」と、逆に対決姿勢を強めている。

 問題を抱えての用地取得に町議会は、町営住宅建設事業特別委員会(清水礼三委員長)を設置し、今後の対応について継続審議することにした。初の特別委(三日)で町長は、承認されながらも「町民に不安と混乱を招いた」と陳謝した上で、次のように報告した。

 「当初十一月だった国の第二次審査が一か月早まり十月になった。予定地の不安解消には時間がかかる。再調査結果の確認が取れないまま事業を進めるわけには行かない。安心できる住宅地の確保こそ私に与えられた責務とし、問題を抱えながらの用地取得は断念せざるを得ない」
 町営住宅建設計画は、特別委(十日)にゆだねた結論を待って、臨時議会(十二日)に一億九千九百二十万円(土地取得費と住宅設計料)の減額補正を提案することにした。

 しかし、小串町長は、金堂団地の老朽化とともに福祉に配慮した安心の町営住宅建設に意欲を示し、建設に向けての再スタートを切り、今後も国の制度活用を視野に入れながら、特別委で検討してもらうことにしている。

 町を混乱に陥れた今回の怪文書問題は、町長と議会批判にとどまらず、暴力団組長らが町長宅などを再三訪れ、事件に波及する可能性も秘められ、ビラ配布の責任は重い。家族の心中、察して余りあるものがある。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


竜王町中学女子生徒、児童へ配布

防犯ブザーでチカン撃退!

=相次ぐ変質者出没に対応=


町内の女子生徒、児童に配られた防犯ブザー

(湖東・竜王町)
 竜王町はこのほど、町内で変質行為が多発していることから、中学女子生徒と小学五、六年生の女子児童に危険を知らせる防犯ブザーを配布した。同町教委は「とっさの場合は大声で叫ぶように指導しているが、いざとなるとすくんでしまって声が出なくなったり、犯人が逆上して被害にあう恐れもある」と、防犯ブザーによる警戒体制を固めている。

 今回の取り組みは、九月に入って午後四〜六時ごろまでの下校時間を中心に、変質者が通学路などに出没し、女子生徒、児童に道を聞くふりをし、いたずらしようとする事件が相次いで発生したことに対応したもの。

 同町須恵地先の堤防道では九月十四日、年齢三十〜三十五歳のスポーツ刈り、身長一・六五メートルくらいの中年の男が、ナイフをちらつかせて女子中学生にいたずらしようとしたという。

 事態を重視した同町は、近江八幡警察署など関係機関と連携した緊急防犯自治会を開き、▽住民に注意を促す▽犯人検挙への協力呼びかけ―の二点を確認した。 しばらくして変質行為をしたと思われる男が逮捕されたものの、同町教委は今後も警戒する必要があるとして、防犯ブザーを町内の中学校へ二百八十個、小学校へ百七十三個をそれぞれ配布することにした。防犯ブザーは、手のひらに乗る程度の大きさで、ピンを引き抜けば、自動車のクラクションより大きい一〇〇ホン以上の高音が鳴る仕組みになっている。

 このほかの対策については、同町教委と学校、各地区による登下校時の日頃の定期パトロールに加えて、父母による集中パトロールも十月末まで行なっている。また学校では、一人で登下校しないことや、上級生は下級生に注意を配ることを指導している。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


ふるさとの食文化味わおう!

竜王町で「近江牛まつり」

=きょう アグリパークで開催=

(湖東・竜王町)
 県主催の「近江牛まつり」が十月から一月まで、県内各地で開かれる。この催しは、食肉の国際化や産地間競争が激化する中で、日本三大銘柄のひとつ近江牛のおいしさを消費者にあらためて知ってもらうとともに、その味覚と伝統を21世紀へ伝えようとするもの。

 近江牛のふるさと竜王町のアグリパーク竜王(同町山之上)では九日、品評会や写生大会(小学生以下対象)、フォトコンテスト(一般対象)、乳絞り体験会が開かれる。品評会には県内から黒毛和牛五十頭が集合、先人から培われてきた肥育技術を競う。

 また、同町は協賛イベントとして、▽近江牛串焼き・牛肉販売会▽ビーフ丼無料サービス(先着千人)▽フリーマーケット▽サルサとフラメンコのステージショー▽牛乳の試飲・早飲み競争(二千人分)▽沖縄県特産物販売を含むバザーなどを繰り広げる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ