滋賀報知新聞(ニュース)平成12年11月14日(火)第12461号

八日市市 元旦健康マラソン

20日 参加募集締め切り

距離・年齢・男女別に競う
=気軽に楽しむ ジョギングの部も=

(湖東・八日市市)
 八日市市は、来年一月一日に布引運動公園を発着地点に開催する新春恒例「元旦健康マラソン」への参加募集を二十日に締め切る。

 同大会は、距離や年齢、男女別に十二部門に分かれ、布引丘陵と沖野路周回コースに健脚を競う。このほか、小学生以上なら誰でも参加できるジョギングの部については、タイムや順位に関係なく自由に楽しむことができる。

 昨年は総勢九百七十人がエントリーし、市内二百五十三人、県内(市内除く)六百人、県外からも百十七人のマラソン愛好家が参加するなど、全国的な大会に定着してきた。エントリー最高は平成七年の千百五十人で、第三十九回を迎える今回は先着千五百人を募集している。

 当日は、布引体育館エントランス広場で午前八時から受け付けを行い、同九時から開会式、同十時に体育館前を十キロ、二・六キロ、五キロのコースに分かれてスターとする。レース開始後一時間十分でゴールを閉鎖し、閉会式は行わない。
 1〜12部の1〜3位に賞状とメダル、4〜6位にメダルが授与されるほか、完走証や参加賞、ぜんざいの無料サービス、お楽しみ抽選会もある。

 「一年の健康は元旦にあり」をテーマに開催される同大会への参加希望者は、所定の申込用紙(郵便振替)に必要事項を書き、二十日(必着)までに布引体育館内、市体育協会(TEL0748-24―5674)へ提出する。

 参加料は、一般男子十キロコースが二千円、一般男女五キロコース千五百円、高校生以下とジョギングの部が千円の三段階に分かれている。各部への参加資格は次のとおり。年齢は大会当日の満年齢。

【1部】一般男子四十歳以上(十キロ)
【2部】一般男子三十九歳以下(十キロ)
【3部】高校男子(十キロ)
【4部】一般男子四十歳以上(五キロ)
【5部】一般男子三十九歳以下(五キロ)
【6部】一般女子四十歳以上(五キロ)
【7部】一般女子三十九歳以下(五キロ)
【8部】高校女子(五キロ)
【9部】中学男子(五キロ)
【10部】中学女子(五キロ)
【11部】小学四年以上男子(二・六キロ)
【12部】同女子(二・六キロ)
【ジョギングの部】小学生以上なら誰でも可(二・六キロ)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

町内遺跡の出土品に見る

米づくりの歴史

埋蔵文化財センターで展示
=能登川町=


町内遺跡から出土した道具の数々

(湖東・能登川町)
 能登川町埋蔵文化財センターでは、町内の遺跡の出土品から同町の主な産業でもある「米づくり」の歴史を探る企画展「コメ・ひと・文化〜道具にみるコメづくりの歴史〜」を二十六日まで開催している。

 コメづくりは、今から約七千年前に中国南部で始まり、コメ・アワ・ヒエなど湿地帯に生える様々な植物の中でも、多くの実が収穫できて味の良いコメが品種改良され、やがて日本に伝えられたとされている。

 会場には石田遺跡(山路・林)から出土した製作途中のクワとスキ、同じく石田遺跡の日本最古の馬鍬(まぐわ)など、貴重な遺物五十点余りが展示されており、中でも柿堂遺跡(現・日本電気硝子能登川工場地)で発見された日本最古のコメ品種「小白(こしろ)」の名を記した木簡は、日本中で七つの遺跡でしか見つかっていない。

 また、同展に関連して十九日午後一時半から埋蔵文化財センター学習室において、京都大学大学院教授の上原真人氏を招いた講演会「考古学からみたコメづくりの歴史」も催される。
 入場はいずれも無料で、二十九〜十二月二十四日には町立博物館でも同様の展示が行われる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


欲しい物いっぱい!特産品まつり

=18・19日 永源寺町で=

(湖東・永源寺町)
 永源寺町ならではの豊かな自然に育まれた特産品の数々がずらりと顔をそろえる「永源寺町特産品まつり」(町商工会主催)が、十八・十九の両日、町産業会館を会場に開催される。

 紅葉の美しいシーズンを迎え、訪れる観光客らに紅葉だけにとどまらない盛りだくさんの町の魅力を知ってもらおうと、毎年開かれているイベント。
 今年も、マイタケやコンニャク、ソバ、イワナといった味覚を中心に展示即売し、「食欲の秋」を存分に味わってもらうとともに、木地師の里・永源寺町には欠かせないろくろ製品や町内在住の陶芸家による作品で「芸術の秋」も併せて堪能してもらう。

 開場時間は両日とも午前十時から午後四時まで。問い合わせは町商工会(TEL27-0360)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ


「女と男が輝くミレニアム集会」

県立女性センターで

女性からの発信が社会を変える
=おばさん市長・樋口氏が講演 =


創作劇上演にむけ、けいこに励む女性グループ

(湖東・近江八幡市)
 女性の視点や立場から男女が同じテーブルで暮らしていく意識を育て、平等な実感が持てる地域社会づくりをめざした近江八幡市の「女と男が輝くミレニアム集会」が十一日、県立女性センターで開かれた。

 これまで、女性の解放を目指して取り組まれてきた「部落解放をめざす女性集会」と「男女共同参画社会を考える市民のつどい」の二つの集会を同時開催して、女性が地域社会の中で男性とともに輝いて生きられる環境づくりへの取り組みを21世紀へつなげていくこう、と同集会実行委員会が開き午前中の「部落解放をめざす女性集会」では、自らの被差別体験を三味線の音色とともに語りかけ、人権の尊厳を訴えている池田栄子さん(兵庫県尼崎市在住・66歳)が「 寄り道 まわり道」と題して三味線の弾き語りを演じた。

 池田さんは、被差別部落に生まれ、戦争の混乱期に義務教育を受けられず九歳から就労。長男が誕生した二か月後に夫が死別する不幸を乗り越てきた。子供に手が放れた頃、部落内で開かれていた識字教室に通い始め、子供の頃に失った勉学の機会を得た。
 向学心に燃え、四十二歳の時、長男と一緒に通信高校に入学。後に定時制高校にも通い、計八年間の高校教育を五十歳で修了した。

 その間、「私は高校二年生」や「親が先に歩いて」などを執筆し、部落解放文学賞を受賞。九四年に老人福祉センターを退職したあとは、部落の高齢者から伝承歌を聞き取り、三味線行商「はったい粉売り」を通じて部落の生活文化を語り伝えていた。

 第二部の「男女共同参画社会を考える市民のつどい」は、午後一時から開会され、八月三日から三日間、埼玉県で開催された全国女性研修会に参加した荒木直子さん(中村町)や幼稚園教諭ら八人のグループによる自作自演劇「ビューティフルライフ〜ふたりでいたい日々〜」が上演された。

 性別による役割分担の意識が根強い中で、次代を担う子供がどのような影響を受けながら家庭の中で育っていくのかを検証する家族ドラマ仕立ての内容で、性別に翻弄されることなく一人の人間として生きていくことの大切さを訴えた。

 続く講演会では、二年前の市長選挙で初当選を果たした樋口暁子・埼玉県蓮田市長(56)を講師に迎え「その時、何かが動いたおばさん市長の誕生」と題した講演に耳を傾けた。

 樋口さんは、職員としての行政経験はない一般の主婦から市長選に立候補。支援団体は持たず、生活者の視点に立った政策を訴えて見事当選し、現在、市長就任二年目。講演では、行政経験のない主婦が近江八幡市と人口規模がほぼ等しい人口六万五千人の頂点に立って取り組んでいる市政の奮闘記を披露した。

 入場はいずれも無料。会場内に一時保育所を設けた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

八幡コンニャクに挑戦

=桐原小3年生が体験学習=


梅村さんの指導を受けながらコンニャクづくりに取り組む児童たち

(湖東・近江八幡市)
 地元特産品の知識を深め、その製造に挑戦する市立桐原小三年生の体験学習が八日、同校の調理室で行われ、児童たちが「八幡コンニャク」づくりに挑んだ。

 この日の体験学習は、八幡の特産物の一つ赤コンニャクに着目。製造を前に児童たちは、土田町のコンニャク製造販売店「オサ平商店」に出向き、コンニャクの製造方法を事前学習。この日の試作では、習ったとおりのやり方で実際にコンニャクができるかどうかその成果に注目した。

 この日の試作体験には、同店主の梅村貞一郎さん(48)が、児童たちの手で上手にコンニャクが出るよう指導に訪れた。
 児童たちは、梅村さんの指導を受けながらコンニャクイモの粉を水に溶かせて煮立て、さらに消石灰を混入して凝固させたあと、棒状に切って沸騰した湯の中に入れるまでの製造工程を実践。

 どのぐらいまで煮立てればいいのかや消石灰を入れるタイミングと量など梅村さんの指示に従いながら作業を進めるとおいしそうなコンニャクが出来上がり「できた、できた」の歓声をあげて大喜び。

 この日は色素が必要な赤コンニャクではなく、素材のままの白コンニャクを作り、給食時に刺身コンニャクにして試食した。
 作る楽しさと思いどおりできあがった喜びが、手作りのおいしさを増幅させていた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ