滋賀報知新(ニュース)平成14年1月27日第12955号

クレムスのメンバーから直伝

演劇の魅力 体で感じた

=玉緒小4年 「6年生を送る会」楽しみ=

ミュージカルカンパニークレムスのメンバーから指導を受ける児童たち――玉緒小学校多目的ホールで――
(湖東・八日市市)
 八日市市立玉緒小学校の四年生四十九人は三学期の総合学習で演劇に取り組むことになり、このほどミュージカルカンパニークレムスのスタッフを招いて、指導を仰いだ。

 地域で活動する専門家らからその魅力を学び、自分たちで何かを作り上げていく学習として、東近江地域を中心とする住民で組織し、「東近江創作ミュージカル」などの企画・制作活動を続けているミュージカルカンパニークレムスに着目。子どもたちは「四年生わくわくステージ」として演劇に取り組み、二月二十七日の「六年生を送る会」で自分たちのステージを発表するため、演劇の魅力や基本を知ろうと、教えを請うことにした。

 今回は、演劇の稽古に入る前のウォーミングアップのワークショップに挑戦。ストレッチ、正しい発声のための複式呼吸、発音や口の開け方、他の人の声を聞いたり動きを見るためのトレーニングなどの指導を受けた。

 最初はややしり込みしながら取り組んでいた子どもたちも時間が経つに連れて熱が入り、グループに別れての発音練習や、ペアになって取り組んだ演技者と鏡などの練習では、みんなの表情は真剣そのもの。予定の一時間あまりがあっという間に過ぎてしまっていた。

 最後に、ミュージカルカンパニークレムスの端洋一プロデューサーが「お芝居はみんなで楽しくつくって下さい」と子どもたちを激励。全員で「おつかれさま」のあいさつをして、この日のワークショップを終了した。

 授業を終えた子どもたちは「むずかしいのもあったけど、とても楽しかった」と、演劇の魅力に出会った感動で目を輝かせていた。この日の感動をバネに、一か月後の本番へ向け、台本づくりや配役、美術や音響などのスタッフ分担など、準備を進めていく。

 今回指導にあたったミュージカルカンパニークレムスは、「東近江創作ミュージカル」の企画・制作の他、演劇や教育関連のワークショップ企画や地域の各種イベントや文化活動にも参加するなど、その活動を通して住民参加による新たな文化創造の情報発信を全国に向けて行っており、今回も、地元の小学校からの要請に快くこたえ、一肌脱いでくれた。指導の成果を発揮してくれることを願って、本番を楽しみにしている。
 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

温室効果ガス2%削減

八日市市の12年度排出量実績

地球温暖化対策率先行動計画
=目標は16年度までに6%以上=

(湖東・八日市市)
 八日市市の地球温暖化対策率先行動計画で、十二年度の温室効果ガス総排出量が前年度に比べ二%削減されていることが分かった。個別に設定した活動量削減では、公用車の燃料使用量だけが目標を達成し、電気・灯油・LPガス使用量については減少した反面、水道使用量と公用車走行距離は増加している。

 十二年十月から市庁舎と関連施設の事務・事業から排出する温室効果ガスの削減を目指す同計画に着手し、温室効果ガスの総排出量を十六年度までに六%削減することにした。これを達成するため個別項目を設け、公用車の燃料使用量や走行距離、水道・電気・灯油・LPガスの使用量、用紙・文具類の購入量、ゴミの排出量などを六%削減する目標を設定した。

 十一年度と比較して、公用車のガソリンは八・一%減、軽油一三・七%減を示し、燃料使用量として全体で九・三%の減少となり目標を達成しているが、走行距離については一・二%増加している。
 電気使用量実績は、事業系施設(水道事業所、公設卸売市場、農業集落排水処理場など)で一・一%減、事務系(市庁舎、学校、公民館など)では○・四%減となり、全体では○・九%の減少に止まった。

 灯油(三・五%減)とLPガス(三・一%減)はそれぞれ減少した反面、水道使用量は六・二%増加した。灯油は市庁舎、公民館で増え、学校で減少している。この中で水道量は小中学校、幼稚園・保育園で大きく増加している。

 これらの結果、十二年度の温室効果ガス総排出量(二酸化炭素換算値)は三千二百九十六トンで、十一年度実績(三千三百六十五トン)に比較して六十九トン(二・○%)減少したことになる。

 また、エネルギー種別からみた二酸化炭素の排出割合は、電気が六九%、灯油二○%、LPガス五%、ガソリン三%、A重油二%、軽油が一%だった。

 環境問題の中で特に地球温暖化問題は、異常気象による農業生産、水資源など、日常生活に大きな影響を及ぼすことから、国際的に二○一二年までに削減目標(排出六%減)が定められた。

 国内では、地球温暖化対策の推進に関する法律(十一年四月施行)で、国や地方公共団体すべての事務・事業に関して、排出抑制のための措置が義務付けられた。行政機関は、公共事業を行う事業者と、サービス展開への大量購入・使用の消費者としての側面を持つ。このことから、八日市市も率先して排出抑制に乗り出し、環境に配慮した行動に取り組むことによって、市民や事業者の積極行動に結び付けたいとしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

ドイツと日本はどこが違うのか!

環境への対策と市民意識

=来月2日 アピアホールで環境講座=

(湖東・八日市市)
 東近江地域振興局は、二月二日午後二時から環境講座「ドイツの環境対策と市民の環境意識―ドイツと日本はどこが違うのか―」を八日市駅前アピア四階のアピアホールで開催する。

 環境先進国といわれているドイツでは「どのような環境対策が取られ、市民はどんな環境意識を持っているか」をテーマに、龍谷大学の竺文彦教授が講演する。竺教授は、ドイツのアーヘン工科大学やバイエルン州廃棄物研究所に留学し、一年間の研究を通してドイツ環境の状況視察を行い、ドイツ人の生活を体験してきている。

 講演では、ドイツと日本を比較する中で「何がどう違うのか、私たちが学べることは何か」について分かりやすく話してもらう。また環境講座を通じて、琵琶湖、田園、森林など豊かな自然環境の中で暮らす県民に、どうすればかっての環境が取り戻せるのかを考える機会ともなる。参加自由で無料。定員百人。

 希望者は、はがきに住所、氏名、電話番号を書き、〒527―8511八日市市緑町七―二三、東近江地域振興局環境課へ送付する。電話(22―7759)やFAX(22―0411)も可。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

スピード8倍・申込み3倍

ブロードバンド化で人気

=近江八幡ケーブルネットワーク=

(湖東・近江八幡市)
 近江八幡ケーブルネットワークが提供するインターネットの加入申込みがこれまでの三倍の勢いで伸びている。

 動画がテレビと同じように映し出されるブロードバンド化に対応したことが人気を集めている主因で、これまで毎秒二百五十六キロビットだった通信速度を一気に毎秒二メガビットにスピードアップしたことが加入者の増加につながっている。

 また、ケーブルテレビの光ファイバーケーブルが幹線に引かれていることでADSLの弱点とされる基地局との距離によってスピードが左右される影響を受けにくく、ネット網が構築された市内のどこからでも安定した通信が行えることも人気の一因。

 通信速度が一挙に八倍に引き上げられたことにより動画がコマ送りのように断続的な画像ではなくスムーズな映像が映し出され、ダウンロードも素早くなった。 利用者からは「動画が滑らかに表示される」や「音楽コンテンツのダウンロード時間が短い」などの声が寄せられている。

 申込みから開通まで長時間待たされる現状にある電話回線と違って、接続まで素早い対応も売り物で、二月一日のプロバイダー開設一周年を記念してパソコン接続の設定を無料サービスするキャンペーンを展開している。問い合わせは同ネットワーク(TEL0748-34-7788)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

冬はやっぱり雪遊び!!

スノーフェスタ2002inIMAZU

=2月11日 今津町総合運動公園で=

ソリなどを使って遊ぶ子どもたち
(湖西・今津町)
 冬季の一大イベント「スノーフェスタ二〇〇二inIMAZU」(主催=スノーフェスタinIMAZU実行委員会)が二月十一日、今津町総合運動公園で開催される。入場無料。雪の多い今津町の特色を活かし地域の活性化を目的とする同フェスタは、今回で三回目となる。

 イベントの一環として開かれる“雪と遊ぶ”をテーマにした「雪の造形展」(同月九、十日)は、会場で参加者が作品を製作し、個人・家族の部、団体・職域の部の二部門に出展された作品の中から最優秀賞と優秀賞が選ばれる。また、前夜祭(同月十日)では、近江葦海太鼓の音色とかまくらのライトアップが、雪と炎の祭典を盛り上げる。

 スノーフェスタ当日の十一日は、一チーム四人のリレー形式でソリやカンジキを使って競うタイムレース“雪上トライアスロン”、的当てや宝探しをする“雪上ゲーム”、“雪上ちびっこ広場”など雪まみれになりながら子どもから大人まで楽しめる。そのほか、そば打ちや木工体験コーナー、出店・即売コーナーが設けられ、もちつき大会も行われる。

 なお、同実行委員会は、雪の造形展製作と雪上トライアスロンの参加者を募集している。申し込み締め切りは三十一日。詳しくは、今津町総合運動公園内の同実行委員会(0740―22―5555)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ