滋賀報知新(ニュース)平成14年2月11日(月)第12972号

7年連続 放火の恐怖続く

昨年の東近江火災状況まとめ

子どもや高齢者ら7人死亡
=建物のうち住宅44%占める=

(湖東・広域)
 東近江行政組合消防本部(中村信雄消防長)は、このほど昨年一年間の火災発生状況をまとめた。それによると、出火件数は前年に比べ大幅に減少したが、放火(疑い含む)が七年連続して原因の第一位になっていることが分かった。火災によって七人が亡くなり十二人が負傷し、五日間燃え続けたきぬがさ山の火事では五十七ヘクタールが焼失している。

 発生件数は六十一件と前年より十三件減り、そのうち六割弱を占める建物火災が大幅な減少(二九%)をみせたことから、損害額も一千万円減少の三億円にとどまった。一方、前年より四件減少した放火だが、依然として七年連続の発生原因トップの座を占めている。

 管内の出火件数を種類別にみると、建物火災が三十六件(前年五十一件)、林野火災二件(同四件)、車両火災十三件(同十二件)、その他火災十件(同七件)で、大幅減となったものの建物火災は全体の六割弱に達し、予断を許さない状況が続く。

 そのうち住宅・共同住宅・併用住宅の十六件(四四%)と納屋・物置の十件を含む焼損棟数は四十九棟(同六十六棟)で、前年の半分の二千百平方メートルが灰になった。全焼十四棟、半焼五棟、部分焼十五棟、ぼや十五棟で、三十三世帯八十四人(同三十二世帯百二人)が焼け出されている。

 火災で亡くなった七人(同一人)は、近江八幡市で発生の住宅火災で被害に遭った母子四人や高齢者を含む消防弱者がほとんどで、消防活動で負傷した人も十二人(うち初期消火七人)に及んでいる。

 原因別では、トップの放火とたばこが十一件で三六%を占め、たき火七件、電気機器と排気管の各四件ほか、電灯・電話などの配線三件が主なもの。ちなみに配線や機具など電気に起因する火災が七件(同三件)と増加傾向にある。

 市町別では、八日市市の十五件(同十九件)、近江八幡市十三件(同二十二件)、日野町十三件(同十件)で全体の七割弱を占めている。このほか竜王町五件(同五件)、能登川町四件(同六件)、蒲生町三件(同五件)、安土町三件(同二件)、五個荘町三件(同二件)、永源寺町二件(同三件)となった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

れんがのえんとつ

親子リズム体操

=2日まで参加者募集=

(湖東・八日市市)
 れんがのえんとつホール(八日市市西中野町)で三月十二日、子供と楽しく体操する「親子リズム体操(幼児)」が開かれる。

 主催はNPOれんがのえんとつとまれ。リズムに乗って楽しく運動し、親子のスキンシップを深める。また、お母さんのためのシェイプアップ体操も行われる。午前十時から正午まで。受講料五百円。

 当日は運動の出来る服装・お茶・タオルを持参する。申込は(0748―20―0800)。三月二日締め切り。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

ベテランテニス選手権

第2回「Kテニスカレッジ杯」

=3種目、出場選手受付中=

(湖北・長浜市)
 県立長浜ドームで三月二十一日、滋賀県ベテランテニス選手権の「第二回 Kテニスカレッジ杯」が開催される。主催のケイ・テニス・カレッジでは、今月十九日から三月七日まで参加受付を行う。

 種目は▽男子四十歳以上シングルス(昭和三十七年十二月三十一日以前に出生の人)▽男子五十歳以上シングルス(同二十七年十二月三十一日以前に出生の人)▽女子三十五歳以上シングルス(同四十二年十二月三十一日以前に出生の人)の三種目。開催時間は午前九時から午後五時。

 参加資格は年令条件が合えば誰でも参加できる(県外の人でも可)。定員は各クラス二十四人で、一人二試合以上試合が出来るように準備する。使用球はダンロップフォートイエロー。エントリー代一人三千円。ディレクターはKテニスカレッジの川並和之さん。

 参加希望者は『郵便振込』でエントリー代を振り込み、二枚目の通信欄に参加者の氏名、所属、種目を記入する。ドロー希望者はFAX番号またはメールアドレスを記入する。

【振込先振替口座番号=01050―1―84629 ケイ・テニス・カレッジ】

 問い合わせは、〒527―0016八日市市今崎町三八三、川並和之さん(TEL&FAX0748―23―5264・PHS070―5387―8208・Eメール kawanami@po.bcap.co.jp)へ。三月七日締め切り。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

狸モチーフ七福神デザイン

信楽高原鉄道「福福キップ」

=大津市・信楽町で限定発売中=

大黒狸神
(湖南・信楽町)
 信楽高原鉄道はこのほど、手のひらサイズの陶器製きっぷ「福福キップ」(信楽―貴生川駅間の往復)を二千枚製作し、「福の日」の二月九日に発売した。大人九百円(子ども二人まで使用可)で、同鉄道信楽駅と信楽情報センター、またはJR大津市駅二階の県観光物産センターで購入できる。

 縦七・五センチ、横十二センチ、厚さ〇・四センチのきっぷデザインは二種類で、イラストレーター篠原ユキオさんが担当。幸運を呼ぶ七福神の恵美須、大黒を、陶都・信楽にふさわしくタヌキをモチーフに表現した。今後も、残る七福神や、「七福狸神の宝船キップ」など全八種類の発売を予定している。

 なお、このきっぷを購入すれば、県立陶芸の森、MIHOミュージアムの入場料金がそれぞれ割り引きしてもらえる。

 郵送での申し込みは、郵便番号、住所、氏名、キップの種類(恵美須狸神、大黒狸神)と枚数を明記し、郵便為替か現金書留でキップ代金と送料を添え、〒529―1851信楽町長野一九二、信楽高原鉄道総務課(エ0748―82―3391)へ。送料は、一枚二百円、二枚二百七十円、三・四枚で三百九十円、五枚以上は六百十円。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ