滋賀報知新(ニュース)平成14年5月1日(水)第13063号

春の叙勲 東近江から6人

愛知郡でも4人が受章

八日市市で近江酒造の今宿さん

=秦荘町からは元県議の福原さん=

今宿市郎さん
福原範彦さん
(湖東・広域)
 政府は先月二十八日、平成十四年春の叙勲受章者を発表した。春秋恒例の生存者叙勲が復活して今年で六十三回目を迎える。全国から外国人を含む四千六百二十七人(うち女性三百三人)、県下で三十九人が受章している。東近江地域から六人、愛知郡で四人が栄誉に浴した。

 八日市市から、近江酒造社長で小脇町五八二の今宿市郎さん(70)が勲五等双光旭日章に輝いた。今宿さんは昭和三十九年の社長就任以来、日本酒造組合中央会評議委員や監事、県酒造組合連合会長などの要職を務め、後進の指導に尽力する一方、丸八建設社長として八日市の商工発展ほか物産振興に貢献し、平成四年には藍綬褒章を受章している。

 近江八幡市では元大阪法務局総務部長の西村敏明さん(70)=出町三○○―二=が法務功労で勳四等旭日小綬章を、元警視長の西川俊行さん(79)=長田町三七○―五=が警察功労で勳四等瑞宝章、元市長の奥野登さん(70)=馬渕町一七五一=が自治功労で勳五等双光旭日章を、能登川町から元中学校長の浅井淨さん(79)=佐野二三九=、竜王町で元中学校長の山本隆男さん(79)=小口一七六―一=が、それぞれ教育功労で勳五等瑞宝章を受ける。

 一方、愛知郡では元県議会議員の福原範彦さん(75)=秦荘町長塚一七七=が自治功労で勳五等双光旭日章を、産業振興功労で全国高圧ガス溶材組合連合会常任理事の高橋昌三郎さん(74)=愛知川町市八八七―一=と、学校保健功労で現在も学校歯科医を務める藤居正太郎さん(79)=愛知川町長野一八一二=がそれぞれ勲五等瑞宝章を、元湖東町消防団副団長の松居重太郎さん(63)=湖東町下一色三七四=が勳六等単光旭日章を受章する。

 秦荘町の福原さんは、八日市市議会議員の三期十一年余りを経て、昭和五十四年四月に県議会議員に初当選し、二期八年にわたって県政発展に尽力したほか、特に日韓友好親善に功績を残している。現在は、西念寺住職を務めるかたわら「人と人との触れ合いが大切」と、人権問題を中心とした講演に奔走しているという。

 東近江地域と愛知郡で受章されるのは次のみなさん。敬称略。

 ◇勲四等旭日小綬章
西村敏明70(法務行政)近江八幡市

 ◇勲四等瑞宝章
西川俊行79(警察)近江八幡市

 ◇勲五等双光旭日章
今宿市郎70(酒類振興)八日市市
奥野登70(地方自治)近江八幡市
福原範彦75(地方自治)秦荘町

 ◇勲五等瑞宝章
浅井淨79(教育)能登川町
高橋昌三郎74(産業振興)愛知川町
藤居正太郎79(学校保健)愛知川町
山本隆男79(教育)竜王町

 ◇勲六等単光旭日章
松居重太郎63(消防)湖東町 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

てんびんの里をPR

あきんど大使に

=市田さんと今堀さん=

小串町長からタスキを掛けてもらうあきんど大使
(湖東・五個荘町)
 近江商人発祥の地を全国PRし、町の観光振興に一役を担う「てんびんの里五個荘町《あきんど大使》」に、同町北町屋の市田佳苗さん(19)と能登川町長勝寺の今堀有希さん(19)が選ばれ、このほど近江商人屋敷・外村繁家で選任式が行われた。

 観光協会長の小串勲町長から選任状とタスキを受け、緊張の面もちながら「歴史・文化を誇りとされ、地域ぐるみで守ってこられた五個荘のまちを全国にPRしたい。大使の名に恥じないよう頑張ります」と決意を述べた。

 二人は、きものの似合うまちを発信しようと矢がすりの着物・袴姿で出席し、さっそく、訪れた観光客にまちの見どころを載せたクリアファイルを配布した。 五月十九日に開催される「てんびんの里ふれあいウオーク」を皮切りに、「近江中山道400年祭ウオーク」「近江商人塾」「ふれあい広場」などで活躍する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

GW特別企画!

『まるごと永源寺』

=味覚・体験メニュー満載=

(湖東・永源寺町)
 ゴールデンウィークの特別企画『愛郷の森まるごと永源寺』が五月四日、永源寺町和南の愛郷の森芝生広場で行われる。

 永源寺の自然・味覚などがまるごと体験できる一大イベントで、会場には地元産野菜の直売店やフリーマーケットが多数出店する。

 体験メニューも多彩で楽しく、パンやローストビーフが作れるダッチオーブンクッキング大会「ダッチオーブンクックオフ」(ダッチオーブンのレンタル有り)や、永源寺ならではの「永源寺そば道場」「こんにゃく道場」が開かれる。いずれも有料で要予約だが、当日受付も出来る。

 このほか、イワナのつかみどり&塩焼、イタリアンジェラート、藍染体験、木工ロクロ体験、餅つき、バルーンアート、禅の修行体験などと満載。ステージでは、滋賀吹奏楽団によるコンサートが行われる。

 午前九時半から午後三時まで開催。申込と問い合わせは、愛郷の森管理事務所(0748―27―2009)まで。水曜定休。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

無投票初当選の重みを感じながら

新生湖東町 宮部丸で再出航

=明るく、常に前進する町政をめざして=

「ひしひしと責任の重みを感じる」と町長席に着く宮部新町長
(湖東・湖東町)
 このほど無投票で初当選を果たした湖東町の宮部庄七新町長が三十日初登庁し、“新生”湖東町をスタートさせた。

 午前八時二十分、町役場正面玄関で全職員の出迎えを受けた宮部町長は、女性職員から歓迎の花束を受け取ったあと、町長の代理を務めてきた石原徹夫助役から職員代表の歓迎のあいさつと大きな拍手で町役場に迎えられた。

 このあと大会議室で初仕事となる町長訓示を行い、整列した職員を前に「無投票当選の重みを胸に、町政に邁進(まいしん)したい」と決意を述べるとともに、「町政に空白と混乱を招いてはならないとう町民の判断に、(私への)期待と責任の重さを感じている」と約十五分間、新町長としての心境を語った。

 また、職員に対して「年度はじめという忙しいときだったにもかかわらず、職員一丸となって町長不在を乗り切っていただいたことに敬意を表わしたい」「(私が)議員時代とは(町行政も)大部違っていると思います。一から勉強して、空白を埋めていきますので、指導、協力を」とあいさつした。

 目指す新町政については、選挙公約でもある「公平で、公正な町政運営」「広く町民の声を真摯に聞く」「きめ細かな草の根福祉と高齢者福祉施策の充実」「若者に魅力を、お年寄りに安らぎを」「議会決議に添った東近江東部地域との合併推進」を掲げた。

 この中では、「馴れ合いや過去のしがらみなどは自己の判断で断ち切る」、「反対意見に耳を傾け、逃げることのないように」、「福祉施策は中長期的展望をもって合併までに方向づけを」、「住民が何を望み、何を期待しているかを頭に置いて仕事をしていきたい」、「合併については、町の将来と新市構想を見極めながら、将来に悔いを残さない柔軟な対応をしていきたい」など、職員とともに行政を進める上での心構えを披露し、職員の協力を求めた。

 最後に、「“宮部丸”に乗っていただいた皆さんとともに、健康に留意し、質の高い住民サービスに努め、持てる力を一○○パーセント出し切って、明るく、常に前進する“宮部丸”にしたい」「一万町民のために、ど真剣に町政に取り組ませていただきたい」と胸のうちを語った。前町長の公職選挙法違反事件については一言も触れなかった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

日野商人の伝統家屋で

芸術家らが現代アート展

=曳山祭あわせ3日から=

観光客でにぎわった昨年5月のアート展
(湖東・日野町)
 地域で活躍する芸術家の作品を、日野商人の伝統家屋で展示・販売する「祭の桟敷窓アート」が、日野町村井の正野薬店や、大窪正野家、辻家のお蔵、中田家で、日野祭(五月二日宵宮、三日本祭)にあわせて五月三日から開かれる。五日まで。

 伝統的な町屋を現代芸術の展覧会場として利用することで、新しい活用を模索しようと、桟敷窓アートの会が意欲的に取り組んでいるもの。昨年春の日野祭、秋の行楽シーズンに開催したところ、好評を得たことから今年も企画した。

 「日野祭」をイメージした作品を展示する芸術家は、▽古道末吉さん(日野町杉、鉄)▽中田美穂さん(同新町、陶芸)▽栗太隆さん(同宮前町、陶芸)▽広川純さん・みのりさん(同鎌掛、陶芸)▽竹村嘉造さん(同鎌掛、陶芸)▽岡井大介さん(同鎌掛、木工)▽平良一巳さん(同奥の池、金属造形)▽北川高次さん(同さつき台、木工)▽井上博和さん・翠さん(同金英町、陶芸・陶創作人形)▽荒木加代子さん(永源寺町、藍染)▽畑山正之さん(水口町、鉄)―の十三人。また、今回新たにわたむき共同作業所の仲間も展示に加わり、陶器や絵画、習字などを出品する。

 会場となる同町村井界隈は、日野祭の曳山巡行の目抜き通り。祭神・馬見岡綿向神社に通じるメーンストリートには、軒の低いべんがら塗りの商人屋敷が立ち並び、落ち着いた雰囲気を醸し出している。また、屋敷を囲む板塀には、敷地内に居ながら曳山巡行が見物できるように、日野特有の「桟敷窓」がくりぬかれている。

 問い合わせは、主宰の「桟敷窓アートの会」の世話役、中田穣さん(電話0748―52―0649)へ。  


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ