滋賀報知新(ニュース)平成14年5月16日(木)第13080号

八日市市 自治連合会 三井会長を選出

総会と市政研修会を開催

末端の民意を行政に反映
=自治会長177人 市の課題解決を支援=

(湖東・八日市市)
 八日市市自治連合会の平成十四年度通常総会は、十一日にウエルネス八日市(勤労者総合福祉センター)で開かれ、会長に八日市地区選出の三井時雄自治会長が就任したほか、本年度に取り組む事業や予算などを決めた。

 総会で中村功一市長は「行政だけでなく地域の力を結集して課題に取り組み、自治会活動のリーダーとして活躍してほしい」と期待を寄せ、就任の三井会長が
「みなさんの協力を得て、より良い地域づくりを推進したい」との抱負を述べた。

 自治連合会は、市内八地区の自治会長百七十七人で構成され、行政と地域住民とのパイプ役を務める。前年度は、地区別に研修会を開き市政について勉強したほか、防犯灯を六十二か所に設置し、市内の家庭ごみ排出状況実態調査にも乗り出している。

 本年度は、各地区が抱える諸問題を研究調査し、新自治会長らによる地区別市政研修会を六月までに開き、行政側に要望などを行う。自治連役員は、各自治会長で組織する地区代表の八人で、末端の民意を行政に反映させる身近な存在として知られている。

 総会に続き開かれた研修会では、市幹部から本年度に取り組む施策の概要や市町村合併を取り巻く現状について説明を受けた。また、浜野町の堤吉男さんが「延命公園活性化への取り組み」から、ワークショップによる公園整備や開市記念祭などの事例発表を行った。選出された新役員は次のみなさん。カッコ内の数字は各地区自治会数。

 【会長】三井時雄(八日市53)

 【副会長】川口幸夫(中野27)奥村淳一郎(市辺14)

 【幹事】伊藤市次郎(平田12)磯部外司朗(建部20)辻川磯雄(南部14)

 【会計監事】池ノ内泉(玉緒17)山田善一(御園19)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

100畳大凧 9年ぶりにバトンタッチ

三代目は「碧い地球を大切に」

=八日市大凧会館 伝統紹介とメッセージ伝達=

100畳敷八日市大凧「碧い地球を大切に」
(湖東・八日市市)
 世界凧博物館八日市大凧会館(八日市市東本町)の玄関正面吹き抜け壁面を飾る百畳敷八日市大凧の展示替えがこのほど九年ぶりに行われた。

 これまで展示されていた「大空と緑のまち八日市」に代わって新たに同館のメイン展示となるのは、昨年まで三年間八日市大凧まつりの主役を務めた「碧い地球を大切に」で、三代目。

 先代の「大空と緑のまち八日市」は、市のキャッチフレーズをデザインしたもので、平成三年から三年間八日市大凧まつりで飛揚し、特に平成五年には滞空時間二時間五分を記録した。展示中は、来館者に八日市大凧のスケールの大きさと市のイメージをアピールしてきた。

 一方、「碧い地球を大切に」は、“緑の湖(うみ)づくり”を目指す同市のシンボルとして『環境』をテーマに作製され、大空から環境保護、自然との共生などのメッセージを世界に向けて送り続けた。

 先日行われた展示替え作業は、山田敏一会長はじめ八日市大凧保存会のメンバー十五人がかりで、縦十三メートル、横十二メートル、重さ約七百キロの大凧を、約二時間かけて吊り替えた。

 展示替えを無事終えた松吉佳三館長は、「八日市大凧まつりでの大役は終えたが、引き続き、八日市大凧会館で八日市大凧の伝統と技とともに、環境へのメッセージを伝えてくれるでしょう」と、語った。

 入館料は大人二百円、小・中学生百円。毎週水曜日、祝日の翌日、第四火曜日休館。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

市長 に7800万円返還求める

大津市児童クラブ用地で住民監査請求へ

摩訶不思議な公社の先行取得白日に
=歪む滋賀の地域コミュニティー (17)=

新築移転した市立志賀児童クラブ
(湖西・大津市)
大津市と自治会幹部との癒着問題を追及している市民らは一両日中にも、山田豊三郎大津市長に対し、市が昨年十月に「市立志賀児童クラブ」の新築移転のため市土地開発公社から買い取った同市錦織二丁目の用地購入費七千八百万円は不当な公金の支出であるとして、市への返還を求める住民監査請求を行う模様だ。(石川政実)

 平成十二年七月三日、滋賀学区社会福祉協議会の柳田勉会長名の要望書が山田市長に手渡された。柳田氏を始め、当時、同学区自治連合会長で市自治連合会副会長だった青木浄氏、地元市議の北林肇氏が同席した。この要望書は、滋賀学区になんらかの社会福祉施設が必要とし、青木氏が所有していた土地千八百九十三平方メートル(当事は農地)を建設希望地に指定した内容だった。

 市福祉企画課は同月末に社会福祉施設用地取得事業として九月補正予算に計上することを決定した。また同月十一日には、青木氏がこの農地を「資材置き場」に転用の届け出をして、地目が農地から雑種地に変更された。 

 同年八月十日、市の三役による九月補正のヒヤリングで、先行取得することになり、同月三十日に開かれた公社の理事会で、十二年度補正予算として用地先行取得費が議決された。要望書が出て、わずか二カ月余りで用地の先行取得が決まるという前代未聞の荒技だった。

 この当時、福祉保健部長であった佐藤賢助役は「大野哲前助役(当時、公社副理事長)から、あの土地をなんとかならんかと話しがあった。好ましいことではないが、(自治連幹部や市議から)土地を買って欲しいとの話しがあって、後から利用計画を出すことはある」と弁明した。 

 さらに不思議なのは昨年三月二十八日、公社と青木氏とで行われた用地売買契約の締結である。契約締結と同時に大津法務局で所有権移転登記申請を行い、これをもって、公社は同日に青木氏に契約金額二億円弱を一括支払いしたのだ。

 通常、市は用地を直接取得する場合、公有財産管理規則に基づき<1>土地所有者と売買契約を結ぶ<2>法務局に所有権移転登記の申請<3>一週間前後で法務局が補正し所有権移転登記が完了後、担当課が登記簿謄本を添付して出納室に支出命令書を提出<4>出納室が書類をチェックして支払うーという手順を踏むが、公社はこれらを一日でしたのだ。

 同年十月十五日、市は公社から千八九十三平方メートルのうち、七百五十五平方メートルを買い取った。工事費三千四百六十万円を投じて、十二月から今年三月まで、鉄骨平屋建ての児童クラブの建設工事を行った。しかし残る用地は、予定していた民間による身体障害者授産施設のメドが立たず、公社が所有したままだ。

 市民らはこの一両日中にも、山田市長に対し、市が公社から買い取った用地代七千八百万円は不当な公金の支出として市に返還を求める住民監査請求を行う模様だ。監査請求の内容は▽市が土地を具体的に指定した要望書を受理したのは不適切▽まず“土地取得が先ずありき”で、後から土地利用計画が出された▽要望書が提出されて、一カ月で公社による先行取得を三役で決めたのはきわめて異例▽青木氏と公社が売買契約を行い同日で支払ったのは会計法にも抵触の恐れ▽このように公社の先行取得は不適切であり、その一部を市が購入したことは不当な公金支出とするものだ。異例ずくめの同公社の先行取得問題が、いよいよ白日のもとにさらされる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

不死鳥の猪飼市長??

6選出馬に意欲見せる

青天の霹靂に 市会議員も右往左往
=胸中複雑な高田助役 =

猪飼市長の選挙事務所に建設されたプレハブ事務所(向かって左)
(湖南・栗東市)
 病身にむち打ってステージに立った晩年の美空ひばりは、不死鳥のごとく熱唱し、その凛(りん)とした歌声に多くのひとは涙を誘われたものだ。しかし、あの美空ひばりに負けず劣らずの不死鳥が県内に存在する。その名は、猪飼峯隆・栗東市長(74)=五期=である。今期限りで勇退と見られていたが、ここにきて六選出馬に俄然意欲を見せ始めたため、市会議員や市職員は青天の霹靂(へきれき)に右往左往だ。 【石川政実】


 同市手原にある猪飼市長の後援会事務所横に、二階建てのプレハブ=写真=が建設されたのが、ことの発端だった。これは、産業廃棄物の収集運搬業者のRDエンジニアリング(佐野正社長)の社員の大半を引き取った甲陽興産(本社甲賀町、廣岡龍司社長)の営業所とされているが、時期が時期だけに猪飼市長が十月二十日告示、同二十七日投開票の市長選に出馬するための選挙事務所との憶測が駆けめぐった。確かに火のないところに煙は立たない。

 この四月二十六日頃、猪飼市長は後援会幹部と進退問題を話し合った。JR東海が新幹線栗東新駅設置にゴーサインを出しただけに、もう一期したいとの本音を猪飼市長がもらしたという。これには、同氏と刎頚(ふんけい)の友である西村千代治・市議会議長(74)も「なにをいまさら」と一蹴したという。もっとも五月五日の地元の祭りでは、今度は西村議長が「私に一期だけ(市長を)させてくれないか」と真顔で親戚に訴えたというオチまでついている。 

 市長候補として、中央官僚や松下政経塾出身者、県職員などから四十、五十歳代に的を絞って口説いている三浦治雄・県会副議長(59)の動きを目で追いながら出馬の時期を虎視たんたんとうかがっている野村政夫・同市商工会会長(66)に対し、いまも慎重なのが高田徳次助役(61)である。(なお県教育委員会学校体育健康担当の勝山圓昭主幹(52)の名もあがっているが、本人は否定している)

  高田助役は、本紙取材に対して「この六月市議会で猪飼市長は何らかの形で進退問題にふれるはずだが、それまでコメントは差し控えたい」としながらも、出馬への溢れんばかりの意欲を隠せない表情だった。それは、最近、同市霊仙寺の実力者を集め、出馬の下準備をしているとの噂を裏付けるものかもしれない。

さらに同氏は「当市は新幹線が大きなポイント。まさに過渡期だ。新幹線新駅を核にまちづくりを行いながら、福祉の向上に努めていかねばならない。来年度から五年ほどが非常に重要だ。そのためにも(市の行政マンが)間違いない手法でやっていかねばならない。それ以外(民間人、中央官僚、県幹部など)では無理だろう」と注目の発言を行った。

 しかし高田助役も、猪飼市長が六選を目指すなら、微妙な立場になってくる。最近では市長選は野村会長と高田助役との一騎打ち説が有力だったが、猪飼市長が意欲を見せているだけに、波乱含みの様相になってきた。

北野加代子・県議(52)も本紙取材に対し「正直、私も政治家である以上、市長をやろうという気がないといえば嘘になる」としており、市長選は猪飼市長か高田助役Vs野村会長、北野県議の三極の争いか、あるいは一転して猪飼市長の無投票当選の公算も。

 市職員の一人は「猪飼市長は山田豊三郎・大津市長(79)=六期=を心のよりどころにしているようだが、六選出馬は晩節を汚すだけ」と冷めた表情だ。六月四日から始まる六月定例市議会に向け、今月いっぱいまで猪飼市長の進退問題が焦点になりそうだ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ

「 鉄道プロジェクトに全力投球」

=県議会の議長、副議長抱負語る=

(湖南・栗東市)
 先の県議会臨時議会で選ばれた中村善一郎新議長(66)=自民・琵琶湖クラブ、彦根市=、三浦治雄新副議長(59)=同、栗東市=はこのほど、県庁の地方新聞記者室を訪れ、就任の抱負を述べた。

 中村議長は「琵琶湖環状線、新幹線栗東新駅の早期実現とともに、十月に大津市で開かれる『アジア太平洋障害者の十年』最終年ハイレベル政府間会合、来年三月開催の世界水フォーラムを成功させたい」と意欲を見せた。同氏は、昭和五十六年から彦根市議会議員を二期、平成三年から県議会議員を三期務めている。県議会の文教警察常任委員会委員長、総合開発・防災対策特別委員会委員長、監査委員、議会運営委員長などを歴任し、十三年に副議長。

 三浦副議長は「平成十四年度はなんとか県予算が組めたものの、十五年度も厳しい財政事情は変わらない。このような時期こそ、共産党を除くオール与党体制で国松善次知事をしっかりと支えていきたい」と語った。同氏は、昭和四十六年から栗東町議会議員を四期、平成三年から県議会議員を三期務めている。県議会のびわこ空港・総合交通対策特別委員会委員長、県議会の商工労働農林水産常任委員会委員長、総務企画常任委員会委員長、監査委員、議会運営委員会委員長などを歴任。

新幹線駅周辺整備
計画・事業案募る


 新幹線(仮称)びわこ栗東駅(栗東市下鈎)の整備を進める栗東市は、新駅を中心にした湖南新都市拠点のアイデア構想、事業計画を募集するコンペを八月に実施する。
 コンペの対象地域は、東海道新幹線とJR草津線に挟まれた新都市拠点ゾーン約七・一ヘクタール(草津駅新駅周辺含む約十ヘクタールも可)。同市が公共公益施設を含めた都市機能の整備を推進しており、県の新しい玄関口として情報発信性、広域交流性の高い機能を想定している。

 募集部門は、市内外から広く募るアイデア構想、企業提案の事業参加計画の二部門。事業参加計画の選考は、事業主体の絞り込みも含み、ゾーンの敷地を一体的もしくは一部を利用し、具体的に事業を展開できる企業を対象としている。

 八月五日から九日までの応募受け付けに先立って、説明会を今月二十二日午後一時から栗東芸術文化会館さきらで開く。質議については二十七日から三十一日まで同市で受け付け、六月二十一日に回答するとしている。

 希望者、または希望企業は、所定の用紙に必要事項を記入し、十七日までに同市交通対策部へファックス(077-554-1123)またはeメール(shinkansen@city.ritto.shiga.jp)で事前登録する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail
TOP インデックスへ