滋賀報知新(ニュース)平成14年7月10日(水)第13143号

愛知郡合併問題

愛知川・秦荘町へ不参加通告

愛東・湖東町と議会
「愛知は二つ」に

=郡委員会で確認済みどうなる広域行政問題=

(湖東・広域)
 愛知川町と秦荘町の両町長から合併協議会への参加要請を五日に受けた湖東町と愛東町は八日、宮部庄七湖東町長と奥善一愛東町助役が両町を訪れ、不参加の意向を文書で伝えた。また、同様に正副議長もこの日両町議会を訪れ、六月十日に受け取った参加要請に対して不参加の意向を伝えた。今回の両町長の俊敏な回答は、愛東・湖東両町の東近江東部地域一市三町との合併への決意の固さをうかがわせ、愛知川・秦荘両町にとっては決定的ともいえる最後通達を突きつけたことになり、「愛知は一つ」をめざした愛知郡四町合併の可能性はついに、風前のともしびとなってしまった。

 提出された文書では、合併に関する各種研究会や住民対話、アンケートなどから「中長期的な視点で、八日市方面での人口十万人規模での枠組みをめざす」考えに至り、今年一月の住民対話での住民の一定の理解と賛同を得ることができ、愛知郡合併等議会研究委員会でも愛東・湖東両町の考えを尊重してもらえる確認ができたことから、二月十二日に東近江東部地域一市三町の合併協議会への参加を申し入れたこれまでの経緯と、近江八幡市を含む二市五町での研究会に参加して合併協議を進めており、その実現に向けて最善の努力をしていく覚悟であることを示して、不参加の理由としている。

 また、未解決の広域行政組合の今後の運営については、これまでの「つながり」や「絆(きずな)」を大切にして、これまでと同様に継続し、十分な協議調整に努め、合意形成を図りたいとした。

 新市誕生へ向けて取り組む一方で、ゴミ処理場、消防、農業水利、下水道など、山積みの広域行政問題の解決へ向けた努力を強いられる愛東・湖東両町、逆に新たな合併への模索と広域行政の再構築を進めなければなくなった愛知川・秦荘両町、「愛知は二つ」になってしまった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

第43回八日市市民体育大会

御園地区が8連覇達成

=準優勝は平田 南部も健闘みせる=

(湖東・八日市市)
 第四十三回八日市市民体育大会は七日、二部種目を除きすべての競技が終り、地区対抗の部で御園地区が初の八連勝を成し遂げ、昨年に続き連覇の記録を塗り変えた。二位に平田が入り、南部が三位と健闘している。

 市体には約七千人の市民が参加し、市内八地区で行われた予選を勝ち上がった地区代表が中央大会で得点種目を競った。軟式野球・ソフトボール・卓球・バレーボール・ゲートボール・キックソフトボールの六種目九競技に熱戦を繰り広げ雌雄を決した。

 このうち御園地区が四種目五競技で優勝を果たし、地区別得点で準優勝の平田に十四ポイント以上の大差を付け、昨年の七連覇に続き大会記録を伸ばした。成績は次の通り。

 【1位】御園(四一・五点)

 【2位】平田(二七点)

 【3位】南部(二四・五点)

 【4位】玉緒(二三・五点)

 【5位】中野(二二点)

 【6位】建部(二○・五点)

 【7位】八日市(二○点)

 【8位】市辺(一八点)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

文字が一つもない書の作品16点
上木淳吉 前衛書道現代アート展
=21日まで るーぶる愛知川=

書道作品とは思えない作品が並ぶ会場
(湖東・愛知川町)
 愛知川駅コミュニティーハウスるーぶる愛知川で、ギャラリー展「上木淳吉 前衛書道現代アート展」が開かれている。

 彦根市在住の書道家、上木さんの書道の常識を卓越した前衛現代アートの世界を十六点の作品で紹介する。

 黒の墨だけでなく、絵の具、セメント、布、金具、鏡など、用具や材料にこだわらずに、思いのままを作品に造り上げてゆく不思議な魅力が見る人の心をとらえる。

 町屋風の建物が並び彦根市の新名所となっている夢京橋キャッスルロードに出店している店舗や銀行などの看板なども上木さんは手懸けているが、今回はその「文字性」とはまったく逆の、文字が一つもない「非文字性」書道の魅力に触れることができる。

 るーぶる愛知川は入場無料。年中無休。ギャラリー展示は午前八時から午後五時まで。なお、最終日の二十一日のみ展示は正午までとなっている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

男女共同参画社会の実現へ

土台作りの役割担う!!

=日野町が懇話会委員10人を委嘱=

奥野町長から委嘱状を受け取る委員ら(日野町役場で)
(湖東・日野町)
 日野町は、今年度の男女共同参画懇話委員に公募を含む男性五人、女性五人の計十人を決め、このほど同町役場で委嘱式を行った。

 同懇話会は、男女共同参画社会に向け施策の推進に役立るため、広く住民の意見を聴取することを目的に、町長の諮問に応じて、参画社会の形成の促進について必要な施策などの審議を行う。昨年度は、町民一千人を対象に意識調査を実施し、行政施策の推進に関する提案が町長になされた。平成十年から設置され、今回で三期目となる委員の任期は二年(平成十六年三月末まで)。

 午後一時から行われた委嘱式では、奥野弘三町長が「男女共同参画が社会に提唱されてから年月が経つが、国民の課題としながら浸透できていない部分もある。この懇話会では、働く場でのいろいろな意見を提案してもらい、一人でも多くの人に参加してもらえるよう啓発に力を入れてほしい」と委員の経験や知識に基づく取り組みに期待を寄せた。

 引き続き、奥野町長は、懇話会に対して、男女共同参画社会の形成に向けた総合推進体制の整備について「地域での男女共同参画推進体制について、学校や働く場での男女共同参画推進体制について」の二項目を諮問した。

 自己紹介を兼ねた委員らの意見交換では、「女性問題はイコール男性問題である」や「高齢者の“女性のくせに”といった意識は根深い」、「意識を変える機会を設けることが大切」など意識改革の必要性を指摘する声が多く、「懇話会を土台作りの場に」と変革の担い手として志気を高めた。

 委員らは、今後、男女共同参画について共通認識を持とうと、十七日から開かれる「エンパワーメントセミナー」に出席し、二年かけて答申を作成する。

 会長に選出された植島和子氏は「足元から固めながら、実のあるものを作り上げていきたい」と意気込みを語る。

 なお、委嘱された委員は次の通り(敬称略)。
池内美代子▽植島和子▽宇田泰一▽京川愛子▽曽羽貢▽竹田久子▽西塚和彦▽松岡千鶴子▽水田重雄▽八木健次


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

能登川北小が「日本植物園協会賞」

春花壇で21校が受賞

=フラワー・ブラボー・コンクール=

(全 県)
 県と県教委らが主催する「平成十四年度フラワー・ブラボー・コンクール(FBC )」の春花壇表彰式がこのほど県庁新館大会議室で行われた。

 FBCは、学校花壇作りを通じて学校および地域環境の美化促進と、児童・生徒の情操教育の向上を図る取り組みで、県をはじめとする中部七県一市、同教委および中日新聞社の共催で春秋の年二回実施されている。

 今年の春花壇は、小学校九十九校、中学校十二校、養護学校二校の計百十三校が「花壇コンクールの部」と「学校花壇設計図コンクールの部」に応募し、地方審査・中央審査の結果、次の各賞を決定した。

 ◆花壇コンクールの部
【大賞】立入が丘小学校(守山市)

【総務大臣賞】七郷小学校(高月町)

【県知事賞】河西小学校(守山市)

【県教育委員会賞】富永小学校(高月町)

【中日賞】丹生小学校(余呉町)

【びわ湖放送賞】守山小学校(守山市)

【日本植物園協会賞】能登川北小学校(能登川町)

【中部善意銀行賞】片岡小学校(余呉町)

【優良賞】中央小学校(大津市)▽瀬田東小学校(大津市)▽堅田中学校(大津市)▽中部小学校(甲南町)▽山内小学校(土山町)▽能登川西小学校(能登川町)▽湖東第一小学校(湖東町)▽湖東第二小学校(湖東町)▽甲良養護学校(甲良町)▽長浜北小学校(長浜市)▽マキノ北小学校(マキノ町)▽マキノ南小学校(マキノ町)

 ◆学校花壇設計図コンクールの部
【優良賞】旭森小学校(彦根市)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ